コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 書籍の装丁に施されている「特殊加工」とは?

コラム

書籍の装丁に施されている「特殊加工」とは?

皆さんは書店で書籍を眺めるときに、「なんでこの字は光っているのだろう?」とか手に取ってみると「なんでカバーの字が浮き出ているんだろう?」などと思ったことはありませんか?
実はその本には印刷するときに特殊加工が施されています。

特殊加工には印刷面の保護・補強・装飾を目的としたもの、印刷では不可能な表現を実現するもの、紙そのものの形を加工するものなど様々な種類がありますが、今回はその中でも比較的多く使われている例をご紹介しようと思います。

 

PP貼り加工

 

ポリプロピレン(PP)のフィルムに接着剤を塗布し熱風乾燥した後、紙とフィルムを熱圧着して貼り合わせます。基本的に表面の保護・補強を目的に使用され、耐久性や防水性がアップします。

左下がグロスタイプ、右下がマットタイプです。
グロスタイプは光沢があり、元の印刷の色がより濃くなるような印象となります。はっきりした色合いの印刷にはぴったりな加工となります。
一方、マットPPは光沢が抑えられ、その名のとおりマットな印象です。淡い印象、柔らかい色合いの印刷に適した加工となります。

出典:http://www.graphic.jp/option/process/surface/

 

ニス加工

 

「ワニス」という塗料により、色落ちを防止します。印刷面の保護強度や光沢はPP加工よりも劣りますが、変色しにくく、指紋の跡が目立ちません。つやあり、つやなし両方あります。透かしが入るような効果も期待できます。

 

UV厚盛り

 

UV厚盛りとは、UV(紫外線)を照射して一瞬で樹脂インクを硬化させるUV印刷技術のうち、特に樹脂を厚盛りして独特の質感と光沢をもたらす印刷技術です。表面上に凹凸を作り、艶とボリュームを出して存在感をアップさせます。

 

箔押し

 

金・銀、ホログラムなどの箔を用紙に貼り付ける加工です。金属の型を使って用紙に箔を定着させる方法をとり、PP加工など通常の印刷加工では出せない高級感を演出し、目立たせます。装丁だとタイトルに使われている印象です。

 

「蜜蜂と遠雷」でも特使加工が使われている

 

直木賞・本屋大賞をW受賞した恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』でも特殊加工は使われています。

帯にあるタイトル部分は金色に輝いていますが、これは箔押しになります。
また、カバーを外して表紙を見てみましょう。

光沢感が出ています。これはグロスPP加工です。
ベストセラーだけでなく特殊加工は今や書店で目にしない日はないと思います。ただ、特殊加工はただ単に目立つ意味合いだけでなく、作品の雰囲気にあっているかどうかもかかわってきます。

出版を考える人ならもちろんですが、本好きなら注目してみてください。その「特殊加工」には深い意味が隠されているかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…
あなたはどう過ごす?一味違う「読書の秋」の楽しみ方
毎年やってくる読書の秋。あなたはいつもどう過ごしていますか? 「読書の秋」と言われ意識はするものの、「ただ多めに本…
書籍の装丁に施されている「特殊加工」とは?
皆さんは書店で書籍を眺めるときに、「なんでこの字は光っているのだろう?」とか手に取ってみると「なんでカバーの字が浮き…
意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント