コラム

書籍の装丁に施されている「特殊加工」とは?

 

書籍カバーの文字がつやつやしていたり、立体的に浮き出ていたりするのを見たことはありませんか?

こうした工夫のことを、特殊加工あるいは特殊印刷と呼びます。

 

特殊加工には、印刷面の保護を目的としたものや、補強を目的としたもの、ないしは装飾を目的としたものなど、様々な種類があります。

本コラムでは、中でも多く使われている特殊加工をご紹介します。

 

PP貼り加工

 

ポリプロピレン(PP)のフィルムに接着剤を塗り、紙と熱圧着して貼り合わせます。

主にカバー表面の保護や補強を目的とした加工で、耐久性や防水性がアップします。

 

このPP貼り加工にはグロスタイプとマットタイプの二種類があります。

 

グロスタイプは光沢があり、発色が濃くはっきりとした印象になります。

鮮やかな色合いの印刷にぴったりの加工です。

 

一方、マットタイプは光沢を抑えた仕上がりになります。

淡い印象、柔らかい色合いの印刷に適した加工です。

 

出典:株式会社グラフィックホームページ「PP貼」

 

ニス加工

 

「ワニス」という塗料により、色落ちを防止します。

PP加工と同様、カバー表面の保護や補強のため行われます。

PP加工と比べ変色しにくく、指紋の跡が目立たないという利点があります。

 

 

 

出典:株式会社グラフィックホームページ「OPニス(全面)・OPニス(部分→版有)」

 

UV厚盛り

 

UV厚盛りとは、UV(紫外線)を照射することで硬化する特殊なインクを用いた加工です。

インクを厚盛りして固めることで、独特の質感と光沢が生まれます。

表面上に凹凸を作り、艶とボリュームを出して存在感をアップさせます。

 

 

出典:株式会社トーツヤ・エコーホームページ「「UVシルク厚盛印刷」とは?」

 

箔押し

 

金属の型を使って金・銀・ホログラムなどの箔を用紙に貼り付ける加工です。

通常の印刷加工では出せない高級感を演出し、目立たせます。

タイトルに使われることが多いです。

 

 

出典:株式会社グラフィックホームページ「箔押し」

 

『蜜蜂と遠雷』にも特殊加工が使われている

 

直木賞・本屋大賞をW受賞した恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』でも、特殊加工が使われています。

 

帯の題字は金色に輝いていますが、これは箔押しです。

また、カバーを外して表紙を見てみましょう。

光沢感が出ているのは、グロスPP加工によるものです。

 

「特殊」とはいうものの、多くの書籍に何らかの特殊加工が施されています。

ただ単に目立てば良いわけではなく、作品の雰囲気にあった加工であるかも重要です。

本好きの方は、ぜひ「特殊加工」に込められた作り手の意味を感じ取ってみましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。