コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 海外文学をもっと日本へ ~翻訳出版マニュアル~

コラム

海外文学をもっと日本へ ~翻訳出版マニュアル~

昨今、日本でも多くの外国文学が翻訳を通して親しまれています。しかし、読みたい本があっても翻訳されていなくてあきらめる人も中にはいるのではないでしょうか。また、もっと日本の人に読んでもらいたい作品があるという人もいると思います。では実際、翻訳本を出版するにはどのようなプロセスを経るのでしょうか?

 

翻訳出版の大まかな流れ

 

1、出版する権利の獲得

当然ではありますが、海外の著作物を翻訳して勝手に販売することは禁止されています。その著作物の出版権を持っている出版社に話しを通さないといけません。平たくいえば、版元に対して「日本で翻訳したものを流通して販売してもよいですか」という確認を取らなければなりません。
もちろん翻訳するだけなら、問題はありませんが販売するとなると権利関係が発生してしまいます。仮に「著作者本人と仲が良い」「翻訳者に親しい友人がいる」という背景があったとしてもダメです。
ちなみに海外の出版社とは翻訳エージェント(弁護士のようなイメージで、著作権ついて法律的な側面をカバーする人のことです)を通して交渉します。著作権使用料を出版社(個人)が払い、版元が出す条件と折り合いがつけば契約締結です。

2、リーディング・翻訳

版元との契約を結ぶと、翻訳作業がスタートします。翻訳者はまず原著をしっかりと熟読してから、概要や売れるポイントを評価します。その後にようやく翻訳となります。特定のジャンル、専門に特化した翻訳家を選定することが重要です。ここで邦訳内容の質が大きく変わるので慎重に選びましょう。

3、編集・校正

日本語に翻訳された原稿に編集、校正をかけていきます。日本語は多くの外国語とは異なるグループに属した言語ということもあり、なかなか元の意味を日本語で表せない場合も出てきます。海外文学の邦訳を読みづらいという方が多いのは、外国語のニュアンスをそのまま表現できないジレンマが主な原因です。
そういった問題点をどのように解消するかは、翻訳者はもちろんですが、編集者、校正者の腕の見せ所ともいえるでしょう。

4、印刷・流通・販売

校了した原稿は印刷され、書籍として流通、販売されます。ここのプロセスは一般的な出版と同じプロセスをたどります。

 

最近の翻訳出版の動向

 

ジャンルで見ると、ビジネス書、自己啓発書、ノンフィクションが多いようです。ハーバードやスタンフォードなど有名大学の教授やグーグル、マッキンゼーといった世界的に有名な企業出身のビジネスマンが著者の書籍は比較的売れているといえるでしょう。

売れている翻訳書を見ると、日本でよく売れているテーマ(健康、ビジネススキル、資産形成など)をそのまま反映しています。書店で平積みされている翻訳書を見てみるとよいでしょう。
フィクションだと、海外での人気シリーズがそのまま日本でも人気になるケースがあります。シリーズものの代表例だと「ハリーポッター」や「ダ・ヴィンチコード」など幅広いジャンルです。

 

未翻訳の海外文学を発掘してみよう

 

ただ、海外で人気が出ていても、邦訳されずに知られていない小説もたくさんあります。翻訳されるのを待つよりも、自分で企画を立てるほうが早いかもしれません。
また、歴史的に考えてみると、日本を多くの外国の書籍を取り入れてきました。あなたが、まだ日本では刊行されていない書籍を見つけて出版すると、平成を代表する書籍になるかもしれません。
外国語が得意なあなた、洋書を読んで発掘してみましょう!

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…
あなたはどう過ごす?一味違う「読書の秋」の楽しみ方
毎年やってくる読書の秋。あなたはいつもどう過ごしていますか? 「読書の秋」と言われ意識はするものの、「ただ多めに本…
書籍の装丁に施されている「特殊加工」とは?
皆さんは書店で書籍を眺めるときに、「なんでこの字は光っているのだろう?」とか手に取ってみると「なんでカバーの字が浮き…
意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント