コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称

コラム

のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称

 

こちら、ある日の編集部の会話。

 

A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いますか?」
B「うーん。のどが少し狭い気がするね。これ扉はどうなってるの?」
A「のどは広くします。本扉はシンプルに、別丁扉はこのイラストを使う予定です」
B「素敵なイラストだね。見返しをこの色にしたら似合いそう」
A「ありがとうございます!」

 

いかがでしたでしょうか?

編集部では、日々このような会話が繰り広げられています。
皆様どんな会話か理解できましたでしょうか。

 

普段何気なく手にしている書籍。
実はさまざまな名称があるのです。

会話で使われていた名称を解説します。

のど…本を綴じている、一番奥の部分のことを言います。
実は、ここが詰まりすぎていると、内側の部分が読みづらくなるのです。
通常、この部分は本のレイアウトを考える「ブックデザイナー」が設定するのですが、編集者もチェックする必要があるのですね。

見返し(みかえし)…表紙と本の中身を接着するために用いられる紙で、表紙や本文を印刷する紙とは異なるものが選ばれるのが一般的です。
見返しには通常何も印刷しませんが、本によっては図版を印刷することもあります。
見返しの色を何色にするかで、本を開いたときの印象が変わるので、ブックデザイナーや編集者はここにも気をつかうのです。
ぜひお手持ちの本の見返しを見てみてくださいね。

別丁扉(べっちょうとびら)…本の「中身」の最初のページで、書名と著者名、出版社名などを印刷する場合がほとんど。
本文を印刷する紙とは異なる紙を用いたり、カバーのデザインに則したデザインが施されたりしています。

本扉(ほんとびら)…別丁扉の次にあるページで、タイトルが書かれることが多いです。
本によっては、別丁扉がなく、本扉のみのものもあります。

 

いかがでしたか?
本の名称が分かると、これまでと違った楽しみ方ができます。
ぜひ覚えてみてくださいね♪

 
一覧に戻る

その他のコラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…
フォントを観察してみよう~明朝体編①~
普段本を読んだり、広告を目にしたり、ワードで文章を作成したりする中で書体(=フォント)を気にしたことはありますか? …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント