コラム

日本最大の出版イベント! 東京国際ブックフェアとは?**

皆さんは「東京国際ブックフェア」をご存じでしょうか?

日本最大の「本の祭典」です。

 

第23回を迎えた今年は、

東京ビッグサイトで9月23日から24日までの3日間、

470の出版社によって延べ100万冊の本が展示されました。

 

今回はこのイベントの様子を3つのポイントとともにお伝えしたいと思います。

 

出版業界の「今が」がわかる!

 

470もの出版社が集結するため、話題の書籍や新刊など、多くの書籍が展示されます。

「国際」というだけあって、日本国内だけでなく世界20カ国の出版社がブースを出展しており、

さまざまな書籍に触れることができます。

 

児童書コーナーでは『からすのパンやさん』や『きんぎょがにげた』など、

幼い頃に読んだ覚えのある懐かしい絵本が並んでおり、子どもに戻った気分で楽しめます。

 

ブックフェアならではの催しがたくさん!

 

東京国際ブックフェアでは、絵本から小説、洋書に至るまで、

あらゆるジャンルの本を特別価格になります。

新刊は通常価格であるものが多いですが、

「そういえばこの本、気になっていた!」という本が少しだけ”おトク”に購入できるのです。

さらに、著名な作家によるトークイベントや、出版業界で働く人たちによる座談会など、

ここでしか聞けない話が聞けるのも魅力の一つです。

 

 

誰でも来場できる!

 

「出版業界に何の関わりもない……」「こんなイベントがあることすら知らなかった」

――そんな方でも大丈夫です。

一般の方は「読者」として参加することができます。

本という媒体を介して出版社・印刷会社は読者と繋がっているのです。

 

そう考えると、出版業界は意外と広い業界なのかもしれませんね。

 

 

 

 

今年の開催期間は終わってしまいましたが、

いろいろな楽しみ方ができる「東京国際ブックフェア」。

本に対する新たな発見や出会いがあるかもしれません。

来年はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。