コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > ベストセラー入りのきっかけは『帯』?本の売上を劇的に変えた帯の事例紹介  

コラム

ベストセラー入りのきっかけは『帯』?本の売上を劇的に変えた帯の事例紹介

 

出版した本を「1冊でも多く売りたい!」と考えた時に、いろいろなメディアで情報発信したり、即売会で売ってみたり…などの方法を取る作家が多いかと思いますが、そうした苦労無しに、いっきに売り上げを上げる方法があることをご存知でしょうか。
それは、本の『帯』にこだわること。
キャッチコピーや推薦文が印刷され、カバーに巻きついているあの『帯』です。

今回は帯がきっかけて大ヒットした本の事例を挙げながら、どんな帯にしたら売り上げが上がるのか、そのポイントを見ていきましょう。

 

ターゲットをとにかく絞り込む

 

1986年刊行の『思考の整理学』(外山滋比古・著)が、21年の時を経て2007年にブレイク、今や約190万部を売り上げる大ベストセラーにまで上り詰めたことをご存知でしょうか。

きっかけは盛岡の書店員による手描きPOP「もっと若い時に読んでいれば…そう思わずにはいられませんでした」が書店来店者の支持を獲得し、出版社がそのPOPの文章を帯に使用して販売したところ、爆発的にヒットしたという事例です。

まずはヒット前に販売されていた、帯なしの書籍を見てみましょう。

一見すると、研究者向けの難しい本というイメージです。

ところが、帯をつけるとこのように変化します。

(出典:筑摩書房

「東大・京大で1番読まれた本」
『東大・京大』というだけで、学歴社会に生きる人には強い印象を与えるのではないでしょうか。また、高学歴を目指す受験生や大学生、20代前半の若年層を意識させるキャッチコピーです。

「もっと若い時に読んでいれば…」
こちらは、これほど面白い本を若いときに読み逃してしまった中高年に刺さるメッセージですね。思わず「この年齢で読んでないのはマズイのでは?」と考えてしまう、上手な煽り方です。

 

恋愛小説は口コミ情報がすべて

 

次は、帯を変更して売り上げ10倍増という驚異的な数字を記録した『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文・著)について見ていきましょう。
本書は2014年8月に刊行し、2ヵ月後の10月に2刷が決定。そのタイミングで帯も変更したところ、売り上げが10倍に伸び、現在は50万部突破、2016年には映画化も決定している人気ぶりです。

では、初版時の帯と変更した2刷以降の帯を比較してみましょう。

初版

 

2刷以降

(出典:宝島社文庫読書メーター

初版はこの作品の面白さである『彼女の秘密』にフォーカスした内容になっています。
2刷以降は、『「泣ける」 読書メーターで大反響!!』『電車で読んだのが間違いだった…』など、読者からの人気ぶりと感想を入れることで、誰もが共感できる作品であることを示しています。

読書メーターとは、読んだ本を記録したり書評を投稿できる読書サービス。このサービスからの評判を用いて、人気ぶりを客観的に表現しています。
2006年に出版され大ヒットとなった『恋空』も、ケータイ小説サイトでの人気ぶりを押したものでした。こうした若年層をターゲットとした恋愛小説は、感想を共有する“口コミ”がヒットの引き金になります。
読者の心理を上手く利用した事例ですね。

 

以上、帯がきっかけて大ヒットした本の事例をご紹介しました。大切なのは、本のターゲットに合わせた訴求や表現をすることです。
他にも様々な事例がありますから、ぜひチェックしてみてください。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント