コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > ブログを書籍化するメリット&デメリット/ブログ出版講座

コラム

ブログを書籍化するメリット&デメリット/ブログ出版講座

これまでブログを書籍化し出版することの可能性、ブログ記事の書き方のポイントなどについて触れてきましたが、いざ出版するとしたら、どのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、一般的な原稿応募による出版にはできない、ブログ出版独自のメリットについてお伝えしていきます。

 

ブログからの出版なら、広告費0円で書籍のPRができる

 

ブログ内の記事を書籍化するということは、すでに書籍情報を発信するメディアを持っているということになります。ブログの読者が多ければ多いほど出版したことをアピールできますし、その読者(=ファン)が情報をシェアしたり良い口コミを書いてくれることで、さらに書籍が売れる可能性もあります。

特に近年における口コミの影響力は非常に強く、著名人や人気ブロガーから口コミをもらうことができれば、多額の広告費をかけた書籍にも劣らない人気書籍になれる可能性もあるのです。

そのため、書籍の売上げまで考慮に入れて出版するのであれば、事前にブログのファンとの交流を大切にし、読者を増やしおくようにしましょう。

 

ブログ本の出版により、ブログ自体への世の中からの信頼度が増す

 

著名人や権威のある人物などが書いたブログでもない限り、著者の発信する情報を100%信頼してくれる読者はいないでしょう。
そうした場合「書籍化したブログ」であれば、第三者から評価されているブログであると認識され、ブログに対する信頼感も増すものと考えられます。これまで関わりのなかった新しい層の人たちが読者になってくれることも期待できますし、2冊目の出版や、新聞・雑誌のコラムへの寄稿依頼がくる可能性もありますね。

出版後、次のステップに繋げやすいこともブログ出版の魅力です。出版を検討する際は、その後にどんなアクションを起こすのか、予めスケジュールを立てておくのも良いでしょう。

 

ブロガーがブログ出版の前に注意したいこと

 

このように様々なメリットがあるブログ出版ですが、ブログだからこそ気をつけなければならないこと、「著作権問題」があります。

ブログは誰でも気軽に始められるサービスだけに、著作権に対する意識の低さが見受けられます。最近では、他の人が発信した情報をあたかも自分が考えたようにコピペ(コピー&ペースト)してしまう・・・といった例が非常に多くなっています。
そうした情報が載ったブログを個人的に利用するならまだしも、書籍として出版するのであれば、著作権に抵触してしまう可能性があります。

本格的に出版となった際は、過去のブログを読み直し、記事を書いたときに何を参考にしたか、引用した文章や転載した画像はないか、念入りにチェックしましょう。
さらに実際に販売されている書籍を読み、引用のルールや参考文献の記載方法などを学習し、何をどこまで書く必要があるのか確認しましょう。担当の編集者にもその旨を相談し、見落としの無いよう注意しましょう。

 

とはいえ、たくさんの可能性を秘めているブログ出版。何気ない日常の日記にも必ず価値がありますし、何年も書き続けてきた記事を世の中に発信せず、抱えたままというのも非常にもったいないものです。まずは出版社に持ち込む等のアクションを起こしてみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント