コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 校正と校閲の違い

コラム

校正と校閲の違い

書籍制作過程には、「校正」と「校閲」というものがあります。

「地味にすごい!校閲ガールー河野悦子」というテレビドラマが放映されていて、校閲というお仕事について広く知られるようになりましたね。

「校閲」というものはメジャーになりましたが、校閲と似たお仕事で「校正」というものがあることはあまり知られてはいないでしょう。

このコラムでは、みなさんに「校正」というものを知っていただき、豆知識として「校閲と校正の違い」についてもご紹介したいと思います。

 

本当に知ってる?校閲のお仕事

 

「校閲」という言葉は知られるようになりましたが、実際にどんなことをするのか、校閲とは何かをおさらいしてみましょう。

 

・校閲とは

文書や原稿などを読み、内容の正誤や適否を確認する作業のこと。

内容の矛盾や表現の誤り、事実関係の誤りなど、原稿の内容に誤りがないか確かめること。

広辞苑ではこのように記されています。

「しらべ見ること。他の人の文章・原稿などに目をとおして正誤・適否を確かめること」

 

広辞苑の定義にもあるように、校閲では原稿の書かれた内容が事実と合っているかを確認します。確認することが多いのは、歴史事項、文学作品名、人名、化学・科学などの数値の確認です。

これを書籍などの出版物やインターネットから調べて確認します。

校閲の作業で大事なことは、信頼できる情報かどうか見極める眼を持っているかどうかです。

正確さを求めること、物事を客観視できる能力が必要になります。

 

校正はこんなお仕事

 

次に、「校閲」とは似ていて異なる「校正」についてご紹介します。

 

・校正とは

誤字や脱字などの文字の誤りを正すこと。

また印刷物の仮刷りと元原稿を照らし合わせ、誤植や体裁の誤りを正すこと。

簡単にいうと照らし合わせて文字などの間違いを見つける作業です。

校正のお仕事では、「文字の誤りが本当にないか?!」と探す根気が必要です。

似ているようで違ったお仕事である「校閲」と「校正」。

書籍制作では必ず行われる作業です。

知っておけば、本作りマスターになれるかもしれません!

 
一覧に戻る

その他のコラム

自著『奪われた若き命・戦犯学徒兵、木村久夫の一生のこと』 (2)
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)  本書出版後、私は一人の方の投稿…
自著『奪われた若き命・戦犯学徒兵、木村久夫の一生のこと』(1)
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)  2015年(平成27年)11月…
前年比24.7%増! 今知っておくべき電子書籍市場について
  年々勢いを増す電子書籍市場。 2016年度の電子書籍市場規模は推定1,976億円といわれ、紙の書籍…
本の「帯」はそもそもなぜ必要なのか?
  新刊の書籍にはほぼ必ずといっていいほど「帯」がついています。 本は帯がなくてもISBNやCコードな…
芥川賞・直木賞受賞作、一挙紹介!!
  2018年1月16日(火)に日本文学振興会が第158回、芥川賞・直木賞を発表しました。 毎年注目を…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント