コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > エッセイの書き方講座/周りと「差別化」する本文の書き方  

コラム

エッセイの書き方講座/周りと「差別化」する本文の書き方

 

これまでのコラムに沿って作品の土台を決めたら、いよいよ本文の書き出しです。ここではエッセイの本文について考えてみましょう。

世の中にはいろいろな形態のエッセイがありますが、書き方は原則自由です。しかしそれだけに、「ありきたりなエッセイ」にならない工夫が必要になります。

 

 

エッセイは著者の"独自性"を盛り込むと面白くなる

 

エッセイの題材は身近な物事がテーマになることが多いため、周りの人とは違う「独自の価値観から見た様子や考え方」が展開されていると、より面白味が出てきます。
着眼点の違いを活かし、日常の中の「意外性」をエッセイに盛り込んでみるのも良いでしょう。

 

エッセイは最初の書き出しで読者の心を掴む

 

また、エッセイの一行目は読者の心を掴む上で非常に重要な文章になります。
ポイントは、説明的な書き方を避けること。
そして「これはどういう事だろう」「どんな考えや意味があるのだろう」と読者に疑問を抱かせる書き出しを考えてみましょう。

例えば、唐突に会話が始まったり、メッセージを投げかけてみたりしても面白いですね。
食事をテーマにしたエッセイなら、ある特定の栄養素に着目してみたり、
味と食事にかかる時間の関係を考察してみたり・・・。
表現の仕方は無限にありますから、著者独自の視点やこだわりをエッセイ盛り込んでください。
なお、本文の書き出しにおいても、読者を意識することを忘れないように注意しましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント