コラム

エッセイの書き方講座/周りと「差別化」する本文の書き方

これまでのコラムに沿って作品の土台を決めたら、いよいよ本文の書き出しです。ここではエッセイの本文について考えてみましょう。

世の中にはいろいろな形態のエッセイがありますが、書き方は原則自由です。しかしそれだけに、「ありきたりなエッセイ」にならない工夫が必要になります。

 

 

エッセイは著者の"独自性"を盛り込むと面白くなる

 

エッセイの題材は身近な物事がテーマになることが多いため、周りの人とは違う「独自の価値観から見た様子や考え方」が展開されていると、より面白味が出てきます。
着眼点の違いを活かし、日常の中の「意外性」をエッセイに盛り込んでみるのも良いでしょう。

 

エッセイは最初の書き出しで読者の心を掴む

 

また、エッセイの一行目は読者の心を掴む上で非常に重要な文章になります。
ポイントは、説明的な書き方を避けること。
そして「これはどういう事だろう」「どんな考えや意味があるのだろう」と読者に疑問を抱かせる書き出しを考えてみましょう。

例えば、唐突に会話が始まったり、メッセージを投げかけてみたりしても面白いですね。
食事をテーマにしたエッセイなら、ある特定の栄養素に着目してみたり、
味と食事にかかる時間の関係を考察してみたり・・・。
表現の仕方は無限にありますから、著者独自の視点やこだわりをエッセイ盛り込んでください。
なお、本文の書き出しにおいても、読者を意識することを忘れないように注意しましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。