コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して  

コラム

エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して

 

エッセイの面白さは、好きなことを好きなように書けること。

これは間違いではありませんが、忘れてはいけないのが、エッセイは「人に読まれる」ということです。

いつ、誰が、どのような心境で読むのかを想定し、その読者に届けるためには、どのように書けば良いのかを考えましょう。

ヒントは、作品の「構成」や「目次」を決めることです。
著者にとって、構成や目次は原稿を書く時の道しるべになりますよね。
それと同時に、読者にとっても作品の全体像を掴むうえで役立つものになるのです。

特に目次を考える際は、事象を示すだけの単調な表現は避け、テーマや文章の雰囲気に沿ったユニークな流れにすることを心がけましょう。
例えば、硬い雰囲気のエッセイであればかしこまった調子の目次に、やわらかい雰囲気のエッセイであれば、優しい調子の短い言葉でまとめると、エッセイ全体に統合性が感じられます。

想定される読者と自身のエッセイを近づけるように、構成や目次も楽しみながら作ってみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

小説を書くときに知っておきたい「ヒーローズジャーニー理論」とは
「小説を書いてみたいけど、どういう構成にすればいいんだろう……」 「キャラクターや世界観はぼやっとぼんやりと想像…
憧れの“重版出来”! 書籍出版から重版になるまでの過程とは
  2016年4月から6月までTBS系で放送されたテレビドラマ「重版出来!」の影響から、“重版”という言…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【後編】
前編に引き続き、俳句集・短歌集の制作の流れをご紹介します。 2)制作の流れ(出版社での自費出版の場合) 続いて、…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【前編】
俳句・短歌は身近な文化  俳句・短歌は、私たち日本人にとって最もなじみのある日本文化です。 学生の頃には、誰も…
今、出版社の作文試験が面白い!就活生気分で作文を書いてみよう
出版社のエントリーシートや筆記試験、面接は、他の企業に比べて風変わりなものが多いといわれています。 特に筆記試験…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント