コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して  

コラム

エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して

 

エッセイの面白さは、好きなことを好きなように書けること。

これは間違いではありませんが、忘れてはいけないのが、エッセイは「人に読まれる」ということです。

いつ、誰が、どのような心境で読むのかを想定し、その読者に届けるためには、どのように書けば良いのかを考えましょう。

ヒントは、作品の「構成」や「目次」を決めることです。
著者にとって、構成や目次は原稿を書く時の道しるべになりますよね。
それと同時に、読者にとっても作品の全体像を掴むうえで役立つものになるのです。

特に目次を考える際は、事象を示すだけの単調な表現は避け、テーマや文章の雰囲気に沿ったユニークな流れにすることを心がけましょう。
例えば、硬い雰囲気のエッセイであればかしこまった調子の目次に、やわらかい雰囲気のエッセイであれば、優しい調子の短い言葉でまとめると、エッセイ全体に統合性が感じられます。

想定される読者と自身のエッセイを近づけるように、構成や目次も楽しみながら作ってみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント