コラム

小説の書き方講座/小説のキャラクターの構想は、「一人の人間としてイメージできる」まで考えてみる

小説の原稿をサクサク書き進められる著者は、「話を書き進めるうちに、自然とキャラクター(登場人物)が動いてくれた」とよく言います。

これは作者が心の中で、無意識に自身と小説のキャラクターが会話をしている状態なのかもしれません。

キャラクターの構想が明確になっていて、そこにストーリーを与えると、キャラクターが構想どおりの動きをして小説の物語を進めてくれる。そんなイメージでしょうか。

このように、スムーズに小説を書き進めることは難しいですが、物語の登場キャラクターはどんな人物なのかを理解しておくことは大切です。

書き始める前に、まずは小説に登場するキャラクターの履歴書を作ってみると良いでしょう。

性別、年齢、長所、短所、好きなもの、嫌いなもの、信念……挙げればきりがありませんが、一人の人間としてイメージできるくらいには考えてみましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。