本棚のある
風景

書籍づくりに使われる印刷方法を徹底解説

書籍制作に使われる印刷方法とは?


紙の印刷方法は、大きく分けて、「オフセット印刷」と、「オンデマンド印刷」の2種類が挙げられます。

①オフセット印刷

オフセット印刷とは、書籍の印刷や、アートに関する作品の印刷など、さまざまな用途で利用されている印刷方法です。現代の代表的な印刷方式と言えば、まさにこのオフセット印刷とされていて、日本だけでなく、世界的にも最も導入されている印刷機となっています。色の彩度に優れ、写真であっても大変美しく印刷できることも特徴です。

用紙をセットし印刷を行い、平版印刷で薄いアルミ板からなるPS版を使用するのが通常ですが、板紙や樹脂板基礎とする版材を使用することもあります。この平版印刷に関してですが、平版印刷とは凸版、凹版、孔版と同様の印刷技法の1つで、版のイメージを紙に写すのではなく、版に付けたインクをブランケットに一度写してから紙に写すという印刷方法です。

ブランケットとは板状のゴム製品のことを言い、オフセット印刷機のブランケット胴に備え付け、版から直接用紙には印刷せずに、ブランケットを介して印刷を行うことで、版の消耗を減らし、且つ版面の水分を弾くことで、用紙に触れさせないという効果があります。アミ点等の再現に有利なハードタイプと、ベタ印刷に有利なソフトタイプの2種類があり、PS版とは、アルミニウムを基本とする金属板の上に、感光材を塗装された版のことであり、PS版は凹凸もなく、平たい刷版のことです。

オフセット印刷には、1枚ずつ印刷を行う「枚葉機」と、何枚も連続して印刷を行う「輪転機」の2種類があります。
まず、あらゆるシーンで使用されるのが枚葉機です。鮮やかな色の再現や加工力に優れ、チラシやポスターなどの一般印刷物の他、パッケージなどの厚い紙にも使用できる紙となっていて、基本的井少量生産に最適な印刷法とされています。
また、輪転機はインクの乾燥を機械上で行え、用紙の切り抜きや折りの作業ができるので、雑誌や書籍などの大量生産に最適な印刷法です。

オフセット印刷のメリットとして、大量印刷の際のかかるコストを大幅に抑えられることや、ビッグサイズの印刷も可能で、顔料油性インクを使用しているので、鮮明で大変美しい仕上がりを実現できます。
大量印刷をしたいときに費用の問題は必ず出てきますが、オフセット印刷を利用すれば、低価格で綺麗に大量印刷が行えるという、大きなメリットがあるのです。

②オンデマンド印刷

オンデマンド印刷とは、レーザープリントのことを言い、パソコンで作成したデジタル組版データより、ダイレクトに印刷物を作成する印刷方法です。印刷機は「有版デジタル印刷機」と「無版デジタル印刷機」の2種類で、無版の場合では、特にオンデマンド印刷と呼びます。その名の通り、ユーザーに要求されたときに、要求に応じて必要な枚数分を印刷することのできる印刷機です。

データを読み取り、トナーという着色材料を使用してカラーレーザー印刷機で印刷を行います。オンデマンド印刷を利用すれば、小ロットの印刷物を短納期で仕上げられます。有版は、「On Press CTP」あるいは、「ダイレクトイメージング」と呼ばれ、セットされた版にイメージングをする構造となっています。印刷品質に関してはオフセット印刷と類似しています。

オンデマンド印刷は無駄な費用がかからず、素早く印刷を行うことが可能で、前述したようなユーザーに要求された分だけ印刷を行うことが可能であるといった特徴を持ちます。
また、版をわざわざ制作する作業もないために、業務工程が他の印刷法よりも短いといった利点があり、オンデマンド印刷を活用することで、スピーディーに印刷物を受け取ることができます。

オンデマンド印刷が活躍するシチュエーションは、少ない部数で低コストを実現したいという状況です。
多くの部数の印刷を行いたいという場合には、オフセット印刷のほうが適していますが、そうではなく、少ない部数であるときには、このオンデマンド印刷を利用することが最適であると言えます。

オンデマンド印刷の最大のメリットは、素早く原稿を印刷する能力に優れ、どれだけ種類の多い原稿であっても直ぐに仕上げられる点にあります。可能な限り一刻も早く完成原稿を受け取りたいといったシチュエーションにも活躍しますし、多くの種類の原稿を印刷したいといった際にも、この印刷方法が適切です。

一生に一度は出版を経験してみませんか?

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。