コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 絵本出版講座/絵本の構成は、起承転結を意識  

コラム

絵本出版講座/絵本の構成は、起承転結を意識

 

絵本のテーマ登場人物の作り方を学んだら、次は構成を考えていきます。
絵本の内容に大きく影響する重要な作業ですから、しっかり覚えましょう。

 

 

 

起承転結、序破急を考える

 

お話の展開には、いわゆる起承転結や序破急があります。有名な民話、童話には必ずこのような展開があり、昔から人間が面白いと感じる王道の構成方法です。もちろん、絵本も例外ではありません。 

特に起承転結の「転」、序破急では「破」の部分でなにが起きるのかが絵本の魅力を左右します。まずは起承転結の基本を知り、その中で意識すべきポイントを知っておきましょう。

そもそも、「起承転結」とは、
起:舞台設定や登場人物
承:問題や事件発生
転:問題や事件に対する解決策
決:解決
以上の4つの展開のことを言います。

「序破急」の場合、
序=起
破=承・転
急=決
が当てはまります。

その中で最も重要なのが「転」。転は絵本のヤマ場であり、例えば主人公が苦難に直面し、それを乗り越えるために独自のアイデアを思い付いたり、ほかの登場人物と力を合わせて解決を図ったりする展開がありますね。

著者が絵本を通して伝えたいこともこの「転」に集約されますから、自身が書きたいことと似ているテーマを扱う作品を読み、どのような展開が良いのかを考えてみましょう。

 

子ども向けの構成を知る

 

また、基本的な構成方法として、幼児向け絵本のページ数は子どもの集中力を考慮して28ページ前後、多くても40ページ程度になるよう注意します。

文章は見開きの絵に描かれている以上の内容にならないようページ内に収め、前ページの問題解決で始まり新たな問題提起で終わるようまとめると、テンポがよく読みやすい絵本になります。

ほかのジャンルの書籍よりも構成が自由になりがちな絵本ですが、ターゲットが幼い子どもであるため、内容の伝え方は意外と難しいものです。なんとなく伝われば・・・と書いてしまわずに、まずは絵本における一定の構成方法を調べ、それに沿って書き進めてみてください。

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント