コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 作家デビューへの道 その③ 小説投稿サイトに投稿する

コラム

作家デビューへの道 その③ 小説投稿サイトに投稿する

 

前回と前々回のコラムで、「新人賞の受賞」「同人誌活動」という二つの作家デビューへの道をご紹介しました。今回は、小説家への道として、「小説投稿サイト」についてご紹介します。

 

 

気軽に小説を発表できる時代に

 

インターネットの普及によって、小説の発表の手段が広がりました。
昔は、自分の小説を誰かに読んでほしいと思っても、手書きで書いたものを周囲の人間に見せるしかありませんでした。
出版社から出版されない限り、多くの人へ向けて作品を発表することができなかったのです。
しかしインターネットの登場により、個人ブログなどで手軽に発信することができるようになりました。

さらに、複数の作家が自由に作品を投稿・公開することのできる「小説投稿サイト」がたくさん誕生しました。
小説投稿サイトでは、読者や他の作家からの感想や批評などをリアルタイムで確認することができ、今後の執筆活動に生かすことができます。

 

サイトをうまく活用して、作家デビューへの道を切りひらこう

 

「小説家になろう」や「E★エブリスタ」「魔法のiらんど」や「作家でごはん!」「カクヨム」など、ネット上には多くの小説投稿サイトがあります。
それぞれのサイトによって仕組みや雰囲気が異なります。
若い世代の利用者の多いものや、趣味ではなく本気で作家デビューを目指す人が集まるものなど、利用者層もさまざまです。
自分の作風や投稿する目的に合ったサイトを選んで、うまく執筆活動に役立ててみるといいと思います。

 

ベストセラー『君の膵臓をたべたい』も小説投稿サイト生まれ

 

小説投稿サイトの中には、出版社が協賛としてついているところがあります。
そのようなサイトでは、定期的にコンテストを行っていて、優秀作品を書籍化してくれることもあります。
どこのサイトでどのようなコンテストが行われているのか、こまめにチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、小説投稿サイトで話題になり、書籍化された例もあります。
ベストセラーになった住野よる氏の『君の膵臓をたべたい』という作品も、もともと「小説家になろう」に投稿され、編集者の目にとまって出版されました。
地道な活動にはなりますが、投稿サイトに投稿を続け、出版社からの声がかかるのを待つのも一つの手です。

 

いかがでしたでしょうか?
次回は、作家デビューの4つ目の方法として、「出版社への持ち込みの実態」についてご紹介する予定です。ぜひチェックしてみてくださいね。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント