コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 日本最大の出版イベント! 東京国際ブックフェアとは?

コラム

日本最大の出版イベント! 東京国際ブックフェアとは?

皆さんは「東京国際ブックフェア」をご存じでしょうか?

日本最大の「本の祭典」です。

 

第23回を迎えた今年は、

東京ビッグサイトで9月23日から24日までの3日間、

470の出版社によって延べ100万冊の本が展示されました。

 

今回はこのイベントの様子を3つのポイントとともにお伝えしたいと思います。

 

出版業界の「今が」がわかる!

 

470もの出版社が集結するため、話題の書籍や新刊など、多くの書籍が展示されます。

「国際」というだけあって、日本国内だけでなく世界20カ国の出版社がブースを出展しており、

さまざまな書籍に触れることができます。

 

児童書コーナーでは『からすのパンやさん』や『きんぎょがにげた』など、

幼い頃に読んだ覚えのある懐かしい絵本が並んでおり、子どもに戻った気分で楽しめます。

 

ブックフェアならではの催しがたくさん!

 

東京国際ブックフェアでは、絵本から小説、洋書に至るまで、

あらゆるジャンルの本を特別価格になります。

新刊は通常価格であるものが多いですが、

「そういえばこの本、気になっていた!」という本が少しだけ”おトク”に購入できるのです。

さらに、著名な作家によるトークイベントや、出版業界で働く人たちによる座談会など、

ここでしか聞けない話が聞けるのも魅力の一つです。

 

 

誰でも来場できる!

 

「出版業界に何の関わりもない……」「こんなイベントがあることすら知らなかった」

――そんな方でも大丈夫です。

一般の方は「読者」として参加することができます。

本という媒体を介して出版社・印刷会社は読者と繋がっているのです。

 

そう考えると、出版業界は意外と広い業界なのかもしれませんね。

 

 

 

 

今年の開催期間は終わってしまいましたが、

いろいろな楽しみ方ができる「東京国際ブックフェア」。

本に対する新たな発見や出会いがあるかもしれません。

来年はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント