コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 日本最大の出版イベント! 東京国際ブックフェアとは?

コラム

日本最大の出版イベント! 東京国際ブックフェアとは?

皆さんは「東京国際ブックフェア」をご存じでしょうか?

日本最大の「本の祭典」です。

 

第23回を迎えた今年は、

東京ビッグサイトで9月23日から24日までの3日間、

470の出版社によって延べ100万冊の本が展示されました。

 

今回はこのイベントの様子を3つのポイントとともにお伝えしたいと思います。

 

出版業界の「今が」がわかる!

 

470もの出版社が集結するため、話題の書籍や新刊など、多くの書籍が展示されます。

「国際」というだけあって、日本国内だけでなく世界20カ国の出版社がブースを出展しており、

さまざまな書籍に触れることができます。

 

児童書コーナーでは『からすのパンやさん』や『きんぎょがにげた』など、

幼い頃に読んだ覚えのある懐かしい絵本が並んでおり、子どもに戻った気分で楽しめます。

 

ブックフェアならではの催しがたくさん!

 

東京国際ブックフェアでは、絵本から小説、洋書に至るまで、

あらゆるジャンルの本を特別価格になります。

新刊は通常価格であるものが多いですが、

「そういえばこの本、気になっていた!」という本が少しだけ”おトク”に購入できるのです。

さらに、著名な作家によるトークイベントや、出版業界で働く人たちによる座談会など、

ここでしか聞けない話が聞けるのも魅力の一つです。

 

 

誰でも来場できる!

 

「出版業界に何の関わりもない……」「こんなイベントがあることすら知らなかった」

――そんな方でも大丈夫です。

一般の方は「読者」として参加することができます。

本という媒体を介して出版社・印刷会社は読者と繋がっているのです。

 

そう考えると、出版業界は意外と広い業界なのかもしれませんね。

 

 

 

 

今年の開催期間は終わってしまいましたが、

いろいろな楽しみ方ができる「東京国際ブックフェア」。

本に対する新たな発見や出会いがあるかもしれません。

来年はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫判からA5判まで。あなたの原稿に適した本のサイズは?
書店へ足を運ぶと、大から小まで、さまざまな大きさの書籍が所狭しと並んでいます。 普段はあまり意識しない本のサイズです…
3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント