コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > アラフィフ世代の男女1,000人が証言!幸せになれる秘訣は「趣味の時間」を充実させること!これからの人生の楽しみ方を解説

コラム

アラフィフ世代の男女1,000人が証言!幸せになれる秘訣は「趣味の時間」を充実させること!これからの人生の楽しみ方を解説

 

人の人生は一生に一度。しかし、毎日はなにかと忙しいものです。仕事や子育てに追われてあっという間に年を取ってしまい、いざ時間ができて「何をしよう…」と不安になる人が多い現代。あなたは何か打ち込めることがありますか?

これからの人生を楽しむ秘訣は何なのか。自分に合ったやり方を見つけるために、何をすれば良いのか。早い段階から考えておく必要がありますね。
あとになって迷わないためにも、まずは周りの人たちがどのように人生を楽しんでいるのか、現状を知っておくとイメージが沸きますよ。

本記事では、今後の人生を今のうちにしっかりと考えておきたい方のために、定年後の世代でどんな生活スタイルが流行しているのかをご紹介します。

 

趣味を充実させるとこれからの人生が輝く

 

これからの人生を楽しむ秘訣は“趣味の時間”を充実させることにあるようです。

※ソニー生命調べ

 

50代以上の男女1,000人に「これからの生活において、時間とお金を優先的に費やしたいもの」は何かアンケートを取ったところ、なんと63%もの人が「趣味」と回答しました。
他にはパートナーとの絆づくりや健康増進・アンチエイジングなども挙げられましたが、趣味が人気ナンバーワン。ひと段落ついた後の人生を楽しみたい人たちにとって、趣味の時間をどのように楽しむかが注目されているようです。

趣味の中でも近年人気を増しているのは、エッセイや日記を書いたり写真を撮ったりして、自分の『好き』や『こだわり』を記録に残すこと。最近はブログやFacebook、インスタグラムに記録を投稿してシェアする人も多いですね。

日常の出来事を自分らしく記録していくと、人生の中で『大切にしたいもの』が見つかります。これからの生き方について迷っている人は、そうした記録によって生涯打ち込めるものを見つけ、シェアすることで仲間と分かち合い、充実した人生を送っていけるのではないでしょうか。

 

 

自分の好きやこだわりを、誰かに伝えていく

 

どんなに打ち込めるものがあっても、加齢によって人の身体機能は低下していきます。体力的な衰えはどうにもなりませんが、豊富な知識や人生経験は年を取るほど蓄積されていくものです。

これからの人生を考えている方にぜひ知っておいてほしいのは、何か打ち込めるものに加え、そうした知識や経験を活かしていけば充実した生活が送れるということです。

 

50代以上の人が年を取るのも悪くないな、と思える1番の理由に「自分の知識・経験が役立ったとき」と挙げているデータがあります※

つまり、自分の好きやこだわりを誰かに伝えるだけでなく、それを役立ててもらうことが大切になってくるのです。

様々な知識や人生経験から培ったあなたのこだわりを、次の世代へ伝えていく。ごく普通の趣味を社会貢献へと昇華させていくことが、これからの人生を充実させるポイントになるようです。

※『どのようなときに“シニアも悪くないな(捨てたもんじゃない)”と思うか聞いたところ、最も多かったのは「自分の知識・経験が役立ったとき」(37.7%)』 ソニー生命調べ

 

“1冊の本”にまとめて伝える方法が人気

 

それでは、もしあなたが自分の好きやこだわりを伝えるとしたら、どんな方法が良いですか?わが子に語り明かしてみたり、写真で表現するのも面白いですが、根強い人気を持っているのは“1冊の本”にまとめることです。

 

例えば、単調な日々の記録をきれいに綴じて、厚いカバーをつけて、1冊のエッセイ集や自伝として仕上げたらどうでしょうか。日記帳を誰かに見せるのは忍びないですが、本というに形なれば、誰に見せても恥ずかしくないカッコイイ1冊になりますね。

ブログやFacebookで写真をたくさん投稿している人なら、写真集やレシピ本としてまとめてみるのも楽しいですよ。なかにはエッセイや自伝、写真集をプロ作家のように仕上げて、実際に書店で出版してしまう人もいるくらいです!

せっかく何かを発信するのであれば、他人が簡単に真似できない素敵な演出を考えたいですね。

 

これから充実した人生を送るためにも、あなたの『好き』や『こだわり』をギュッと詰め込んだ“1冊の本”をつくり、それを世の中の人たちに伝えていく…という選択肢があることも知っておきましょう。本をつくり、誰かと分かち合い、それを次世代に残す喜びを知れば、今後の生き方が大きく変わるかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント