コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > エッセイの書き方講座/周りと「差別化」する本文の書き方  

コラム

エッセイの書き方講座/周りと「差別化」する本文の書き方

 

これまでのコラムに沿って作品の土台を決めたら、いよいよ本文の書き出しです。ここではエッセイの本文について考えてみましょう。

世の中にはいろいろな形態のエッセイがありますが、書き方は原則自由です。しかしそれだけに、「ありきたりなエッセイ」にならない工夫が必要になります。

 

 

エッセイは著者の"独自性"を盛り込むと面白くなる

 

エッセイの題材は身近な物事がテーマになることが多いため、周りの人とは違う「独自の価値観から見た様子や考え方」が展開されていると、より面白味が出てきます。
着眼点の違いを活かし、日常の中の「意外性」をエッセイに盛り込んでみるのも良いでしょう。

 

エッセイは最初の書き出しで読者の心を掴む

 

また、エッセイの一行目は読者の心を掴む上で非常に重要な文章になります。
ポイントは、説明的な書き方を避けること。
そして「これはどういう事だろう」「どんな考えや意味があるのだろう」と読者に疑問を抱かせる書き出しを考えてみましょう。

例えば、唐突に会話が始まったり、メッセージを投げかけてみたりしても面白いですね。
食事をテーマにしたエッセイなら、ある特定の栄養素に着目してみたり、
味と食事にかかる時間の関係を考察してみたり・・・。
表現の仕方は無限にありますから、著者独自の視点やこだわりをエッセイ盛り込んでください。
なお、本文の書き出しにおいても、読者を意識することを忘れないように注意しましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント