仕事人エピソードコンテスト

大賞作品電子書籍化

大賞

『無資格二十歳男子 介護で働く』

遠野遼平:著

【大賞作品 幻冬舎より電子書籍化】

■あらすじ
「介護」は、ない。
思うように進まない就職活動に嫌気がさしたとはいえ、重労働・低賃金といわれる介護職は選びたくない。しかし、現代の若者の多くがそう感じているのであれば、簡単に就職できるのではないか。次の就職先までの繋ぎとして軽い気持ちで受けた面接から、伊藤の介護に対する考え方は大きく変化していく。
普段の生活では考えられないような、突如として聞こえてくる奇声。自分と同じか、それ以上に重い入居者たちの体を支え、動かす。その過酷さと壮絶さによって、伊藤は体力的にも精神的にも、疲労困憊してしまう。
そんな中で伊藤は、ショートステイで入居していた「野原さん」の死を経験する。混乱で何もわからないままに行動する不安さ。そして「野原さん」を救えなかった自分の不甲斐なさ。
「やりがいとは何か」。
壮絶な経験の先に、伊藤は介護という職業の何を見たのか。
現代の問題点である介護職の人不足。現状を決して美化することなく赤裸々に描いた仕事小説。

大賞作品『無資格二十歳男子 介護で働く』
編集者講評

下平 駿也

人生の最後を過ごす場所。そこで繰り広げられるドラマを余すところなく綴った、非常に出来の良い、実体験をもとにした小説です。短くも長い介護という特別な時間の中で様々な人と関わり、些細なことから生と死を実感する様子を描いています。介護とは何たるか、その神髄に触れることができる作品でした。
最後の一文が後を引く、美しい文章構成は見事です。介護職について語る作品は、壮絶な実態を描いたものが多くあります。過酷な現場で働きながらも、その中に楽しみを見出す登場人物の姿は、実際に働いている人々を励ますことでしょう。
また文体、構成をとっても素晴らしい完成度です。ラストシーンの大胆な余白は、ゆったりとした時間の流れや、主人公の心情を巧みに描き出しています。就職先に困って、なんとなく足を踏み入れた介護の世界。そこは人の生き様を最も近くで見ることができる場所。読者にとって「介護」という職に対する認識を一変させる、気づきと学びを与える作品になるに違いありません。
 生と死の最前線から発される言葉たちに笑って泣いて、幸せな気分になれる傑作です。

幻冬舎ルネッサンス新社編集部マネージャー
下平 駿也

審査員

山名 山名 克弥(やまな かつや) 株式会社幻冬舎ルネッサンス新社 代表取締役社長。「プロの読者目線」を信念に、
1ヶ月に5~10冊の書籍刊行に携わる。かつては企画営業部に在籍した経験から、書店への流通・販売戦略の立案や、プロモーション戦略面についても熟知し、制作面に拘わらずそれぞれの著者に最適な出版戦略の企画立案を得意とする。趣味は食べ歩き。
佐藤 佐藤 大記(さとう だいき) 株式会社幻冬舎ウェブマ 代表取締役社長。IT企業にてTVCMやモバイル広告をメインとした広告宣伝に従事し、2008年に幻冬舎メディアコンサルティングに入社。顧客のターゲット目線によるコンサルティング力をもとに、 書籍やWEBを活用したブランディングを得意している。 大手上場企業の他、医療法人や個人クリニック、中小企業や学習塾、士業まで 幅広いプロデュース実績がある。
坂本 坂本 洋介(さかもと ようすけ) 株式会社幻冬舎デザインプロ 代表取締役社長。フレグランスメーカーや広告業界にてアートディレクター・デザイナー職を経た後、書籍特有の信頼性に興味を持ち、幻冬舎メディアコンサルティングへ入社。「人の心を動かすデザイン」を信念に、書籍をはじめ、広告やWEB、プロダクトなど、幅広い領域のデザインを手がける。

PAGE TOP ▲