出版豆知識

「出版の目的に合わせた」自費出版社選びをしよう!

自費出版は、自分の考えや経験を書籍という形にして世に出せるので、興味のある方も多いでしょう。自費出版の場合、一般的に著者はプロの作家・イラストレーターではありません。当然、普段から出版社とのお付き合いはないかと思われます。そうした環境であれば、どのように出版社を選べば良いのか、不安になるかもしれません。

ここでは、自費出版するときの出版社の種類、それぞれのメリット・デメリット、具体的な選び方についてまとめました。自費出版時の出版社選びの参考にしてください。

自費出版を受け付けている出版社は2種類ある

自費出版に対応可能な出版社は2種類あります。それぞれの特徴を説明します。

プロの編集者とともにクォリティが高い書籍を作る総合出版社

総合出版社は、商業出版と自費出版の両方を扱っていることが特徴です。書籍はもちろん雑誌など、さまざまな出版物を刊行しているため、規模の大きなところが多く、ネームバリューのある企業が中心です。

原稿をそのまま製本するオンデマンド型出版社

応募した原稿をそのまま活かすオンデマンド型であることが特徴の出版社です。自費出版書籍のみの刊行なので、小・中規模の出版社が中心になります。

総合出版社とオンデマンド型出版社、それぞれのメリット・デメリットとは?

総合出版社、オンデマンド型出版社のどちらで出版するかで、費用・書籍の取り扱い・購買者の印象は大きく違ってきます。各々のメリット・デメリットを検証し、自分の希望に合っているのはどちらか、しっかり見極める必要があるでしょう。

総合出版社のメリット

経験のある編集者の担当が付き、企画・校正の各段階でしっかりとしたアドバイスが受けられます。また、自分の考えを出版したい気持ちはあるのに原稿を書くのが苦手な場合、ライターが取材・ライティングを代行してくれる出版社もあり、書けない人でも出版が可能です。

流通の条件は出版社によって違います。商業出版と同じ扱いであれば、書店に平積みにしてもらえたり、著名な作家と同じ棚に並んだりする可能性もあります。読者からグンと注目されやすくなるでしょう。また、出版によって周囲からの信頼を獲得したい方は、ネームバリューのある総合出版社のほうがブランディング効果を期待できます。

総合出版社のデメリット

編集・デザイン・校正など、制作面がしっかりしているため、ある程度期間を要するということがデメリットと言えるでしょう。「とにかく早く出版したい」という方には不向きかもしれません。

オンデマンド型出版社のメリット

手間をかけないことで、費用を抑えられることが最大のメリットでしょう。自費出版に特化した業務内容のため、著者の要望にできる限り応えられるメニューが用意されているところもあります。「記念誌」など、得意分野に特化したところも多いです。

また、総合出版社と比べて、原稿内容の規定が厳しくない傾向があります。基本的には、著者の意向がすべてなので、原稿内容に関してあまり指導は入りません。費用を安く抑えられるのは、編集ディレクションという面が大きく関わっています。

オンデマンド型出版社のデメリット

オンデマンド型出版社は、編集より印刷が得意分野といえます。編集に関して特出したノウハウ・スキルはあまり期待できません。また、書店流通のネットワークがない出版社が多く、店頭への流通に関してもそれほど期待できないでしょう。書店に配本されても、平積み・面陳列などの特別扱いは難しくなります。

また、編集・デザインは基本社内制作なので、クオリティに限界があるかもしれません。一定期間経過すると、書籍の著者自身の買取、売れ残りの在庫管理料負担などの可能性もあります。

自費出版にかけられる費用はどのくらい? まず予算から考えてみよう

総合出版社とオンデマンド型出版社、どちらに決定するかは、どの程度の費用をかけるのか予算から考えてみるのがおすすめです。例えば、「費用として出せるのはがんばっても50万円くらい」なのか「しっかりサポートしてもらいたいから300万円までなら許容範囲」といった風にです。

自分の希望と思いの強さなどを整理しながら考えましょう。そうすると優先順位が見えてくるはずです。自費出版は依頼する出版社次第で、費用はもちろん、著者の負担も大きく違ってきます。

「質をとことん上げて出版したい」というケース

「取材・ライターも手配してもらって、編集・校正もお任せしたいし、デザインにもこだわりたい。書店での扱いもしっかりやってもらいたい」

上記のように、「質をとことん上げて出版したい」という希望なら、総合出版社がおすすめです。一連の流れをしっかりフォローして支えてもらえることにかかえ、名のある出版社名義での出版が実現します。

気になる出版社に見積もりを依頼して比較してみよう

総合出版社、オンデマンド型出版社、どちらで出版したいかイメージが湧いてきたでしょうか?自費出版の目的を明確にし、かけることのできる費用が算出できたら、自然にどちらの会社にするべきか見えてくるでしょう。

ここまできたら、次の段階では、依頼する出版社を絞っていきます。各々の得意分野をチェックして自分の希望・要望とマッチするところをリサーチします。

実績を見ることも大切です。自分が出版したいジャンルとあまりにかけ離れている分野の出版社は、避けたほうが良いでしょう。最初から1社に絞り込まず、何社か候補を挙げ、候補の会社に見積もりを依頼します。見積もり時のチェックポイントは以下の通りです。

専任担当の有無

初めての出版でサポート・アドバイスが必要な人は必須でしょう。企画・編集・入稿・校正・印刷・製本・納品・流通の一連の流れを、一人の担当者が受け持ってくれる会社であれば非常に安心です。

編集・校正の内容・程度・回数

テーマ・構成に問題があったり、誤字・脱字だらけだったりすれば、出版物としてクオリティが低いものになってしまいます。経験・ノウハウ・スキルの求められる分野ですから、編集・校正の内容と程度、特に校正は回数をしっかり確認しておきます。

内容の具体性

出版業界は専門用語の多い業界です。見積もりでわかりにくい表記があれば、質問して理解できるようにしておきます。

追加料金に関する詳細明示

見積もりの形式は、会社によって違います。比較検討するときは、条件を同じにし、どの程度の差があるのかをしっかり確認してください。見積もりが安くても、完全に完成した原稿での入稿が条件だったり、料金に含まれている校正は1回のみであとは追加料金というケースもありますから、注意してください。

自費出版をする目的に合った出版社を選ぶことが大切!

自費出版するときの出版社の選び方、ご理解いただけましたでしょうか?自費出版の目的次第で選択肢は大きく変わります。

「できるだけコストを抑えて出版物にしたい」「自分の意図を完全に再現した書籍にしたい」ということなら、オンデマンド型出版社。
「可能な限りのサポートを受けたい」「書籍としてクオリティを求めたい」「出版物の著者となって社会的信頼を勝ち取りたい」ということなら、総合出版社でしょう。

目的が明確になったら、費用はどこまでかけられるか、予算を組んでみます。ある程度の予算が決まったら、自費出版に対応している出版社のサイトをじっくり読み、お願いしたい会社の候補を絞ります。目的に合った出版社選びができれば、自費出版のゴールが具体的に見えてくるはずです。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。