出版豆知識

ゼロから分かる自費出版

自作のコンテンツを自由に世に出すことができるのが、自費出版です。趣味で作った絵本や自分史などの出版に利用されることが多く、オリジナリティの強い作品を作ることができるのが自費出版の最大のメリットといえるでしょう。自由度が高い自費出版を検討しているとはいっても、基本的な知識がないとなかなか前に進めません。自費出版に関する不安や心配事もたくさんあるでしょう。

今回は自費出版をゼロから理解していただくために、「流通の仕組み」「費用」「メリット」「印税」に関してまとめました。自費出版の基本知識を身に付けたい方は、ぜひ参考にしてください。自費出版の実現に向けて、最初の一歩が踏み出せるはずです。

自費出版とは

まず、自費出版とはどんなものなのかを理解しておきましょう。自費出版とは、書籍に代表されるメディアを、著者が費用を自分で負担して出版する出版形態です。商業出版と違い、基本的には流通ルートや販売部数が確保されているわけではありません。ネット社会の普及に伴い、最近ではネット上で売買されることも多くなっています。

ただ、例外として、弊社のように流通・販売に強い出版社もあります。
そういった自費出版の強みや弱み、各出版社の特長を把握する前に、出版に関する全体の仕組みを知っていただければ、比較検討もしやすいと思います。以下、ご参照ください。

まずはじめに、出版流通の仕組みを知ろう

それでは、出版物はどのように流通して読者の手元に届くのかを理解しておきましょう。

基本的な出版流通

出版物は、印刷会社で本として完成します。出版社は本の特徴を分析して購買層を予想し、どこの書店に何冊搬入するか計画を立て、取次を通して書店に搬入します。

本が届いた書店は、一冊でも多く本を売ることが大切です。搬入された書籍のどれを、どこに、どのように並べるか検討し、売り場を決めます。自費出版とはいえ、流通が約束されている出版社の書籍であれば、商業出版と同じように流通されます。

ただし、店頭に並ぶか否か、並ぶ場合どう並ぶのかの最終的な決定権は、本を扱う書店にあります。

特約店契約があれば販売が前提

出版社が書店と特約店契約を結んでいる場合、状況は変わってきます。この契約は、「新刊は必ず書店販売する」という出版社と書店の取り決めで、流通された本は販売まで約束されているのです。

自費出版の場合、流通の仕組み・特約店契約の存在がポイント

本を出版するからには、書店に並べられてたくさん売れてほしいものです。自費出版でこれを実現するためには、出版社が「流通の仕組みを持っている」「書店と特約店契約を結んでいる」ことがポイントです。

さらに、書店でできるだけ円滑かつ好意的に対応してもらうには、取次・書店と関係性が良好な出版社であることが重要になります。書店における平積み・面陳列などの展開は、出版社の書店営業チームと書店の良好な関係があってこそです。

自費出版にかかる費用はどのくらい?

自費出版の費用はどの程度かかるのかも、非常に気になる点でしょう。出版物の費用は、いろいろな要素の組み合わせで決定するので、「だいたい○○万円くらい」と単純に判断することは難しくなっています。100~1,000万円程度と幅が非常に広いのが現状です。

以下に、費用を左右する要素をご紹介します。妥協したくない点・特にこだわらない点などを考慮して取捨選択し、費用を算出していきます。

原稿の状態

自分で書くかライターに依頼するかで大きく違います。絵本の場合、おはなし・イラストともに自作か、イラストはイラストレーターに依頼するかで当然費用は別物です。

本の仕様

本の仕様だけでも、以下の選択肢があります。

・判型→本のサイズ。
・製本→ハードカバー、ソフトカバー
・本文カラー→モノクロ、2色、フルカラー、特色
・写真、イラストの有無
・ページ数
・その他特殊加工(用紙の表面に文字や絵を浮き上がらせるエンボス加工など)

発行部数

四六判などのベーシックな仕様の発行部数は、1,000部程度からが一般的です。 新書判であれば、2,000部程度からでしょう。

用紙

小説であれば文字だけなので、用紙は上質紙で十分です。イラスト・写真なども掲載する場合、紙の選択は非常に重要です。紙の種類によってインクの乗りや発色が違うので、紙の選び方次第で出来上がりのイメージが違ってきます。

印刷会社

印刷会社によって費用は異なります。出版社から指定がある場合が多いようです。

流通の有無

書店と特約店契約を結んでいる出版社であれば、商業出版と同じように書店に並びます。身内配布用・イベント限定使用などの理由で、「書店流通しない」を選択することも、もちろん可能です。

商業出版にはない自費出版のメリットとは

自費出版で得られるメリットはどのようなものでしょうか。著者が何を求めているかによってメリットは変わってきますが、一般的なものを挙げておきましょう。

誰でも作家としてデビューできる

商業出版では費用は全額出版社負担なので、利益が見込めないと出版社は動かず、出版のハードルは非常に高くなっています。そのような環境の中、プロの作家として生計を立てて行ける人は、ほんのわずかな選ばれた人たちです。プロ作家になるまでに何年かかるのか答えはありませんし、永遠にかなわない夢で終わる可能性も高いでしょう。しかし、自費出版であれば、誰でも作家デビューをすることができるのです。

伝えたいことはあるのに原稿を書くことに自信がない場合、編集者の指導を受けたり、出版社からライターを紹介してもらったりすることもできます。

商業ベースに乗る必要がない

負担費用を回収し、利益を獲得するために、商業出版は売り上げ目標を達成する必要があります。そのため、構成・表現に関して出版社から著者に指示が入る場合があります。一方で、自費出版にはそのような利益目標の制約がないため、望み通りの作品を出版することが可能です。

自分の考え・経験に自信が持てる

出版物という形にすることで、自分の考えや経験に自信が持て、精神的な満足も得られるという方も多数います。

第三者に何かを伝えられる

出版物を通して読者に思いを伝えることで、今までになかったコミュニケーションが生まれます。生活の幅はグンと広がり、今までとは違った風景が見えてくるはずです。書籍を出版したおかげで、周囲から敬意を獲得できることもできるかもしれません。

印税についても知っておこう!

印税という言葉はよく耳にすると思いますが、正確な意味までご存じの方は案外少ないのではないでしょうか。
これを機会にしっかり理解しておきましょう。

印税とは

本を出版するとき、著者には原稿の著作権が、出版社には原稿の出版権が発生します。出版社には著作権がないため、著者の原稿を出版する場合、著作権使用の承諾を得て出版します。出版社の著作権の使用に対して発生するのが、著者に支払われる印税です。

印税の発生内容

印税は発行部数に応じて発生する場合と、実売部数に応じて発生する場合があります。発行部数に応じる場合は、本の売り上げに関係なく印刷した冊数分印税を受け取ることができ、安心です。初版時は印税の支払いがなく、重版が決定してから支払われるケースもあります。

印税の計算方法

印税は、「本の販売価格」×「冊数」×「印税率」で計算されます。印税率は契約内容によって異なり、一律ではありません。例えば、発行部数に応じた印税の場合で、販売価格2,000円の本を1,000冊発行し印税4%とすると、2,000円×1,000冊×4%=80,000円が印税となります。

自費出版では、出版社選びが大切!

自費出版とはどんなものか、そしてその流通の仕組み・費用・メリット・印税に関する基本的な事柄をお伝えしました。自費出版では出版社選びが大切ということが見えてきたのではないでしょうか。全国に流通を持ち、書店と特約店契約を結んでいる出版社を選ぶことは必須でしょう。

書店で好意的な対応をしてもらうには、出版社の書店営業チームと書店との関係が良好であることも重要です。
費用・印税に関しても基本をしっかり理解しておけば、出版社選びにはもちろん、出版社との打ち合わせのときにも役に立ちます。

自費出版によって自分の考えをまとめ、誰かに伝えることができると、自分に自信が持てます。生活の幅が広がり、これまでとは違った風景が見えてくる方も多いようです。また、書籍出版は社会的信頼度が大きいので、周囲の見る目が変わるということもよくあるようです。しっかりした出版社選びで自費出版を実現してくださいね!

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。