メディア掲載情報

<パブリシティのお知らせ>『認知症の人が見る景色 正しい理解と寄り添う介護のために』中村重信様・ 梶川博様

2021.06.21

弊社刊行書籍が『ゴールデンライフ』(2021年7月号)の読者プレゼントに採用されました。

 

 

<弊社制作実績ページへはこちらから>

https://www.gentosha-book.com/products/9784344933668/

 

 

引き続き、幻冬舎ルネッサンス新社の書籍をよろしくお願いいたします。

認知症の人が見る景色 正しい理解と寄り添う介護のために

著者名
中村重信・梶川博
書籍名
認知症の人が見る景色 正しい理解と寄り添う介護のために

中村重信・梶川博プロフィール

中村重信(なかむら しげのぶ)
1963年 京都大学医学部卒
1990~2002年 広島大学医学部内科学第三教授
2002年~ 広島大学名誉教授/洛和会京都新薬開発支援センター所長(現在顧問)
2005年~ 公益社団法人「認知症の人と家族の会」顧問

主な著書:
ぼけの診療室(紀伊国屋書店、1990)、痴呆疾患の診療ガイドライン(ワールドプランニング、2003)、老年医学への招待(南山堂、2010)、私たちは認知症にどう立ち向かっていけばよいのだろうか(南山堂、2013)受賞:日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞「功労賞」(2017)

梶川博(かじかわ ひろし)
1963年 京都大学医学部卒
1963~1980年 聖路加国際病院、京都大学・広島大学・大阪医科大学:外科/脳神経外科在籍
1980年~ 広島市・医療法人翠清会(現在会長)

主な著書:
脳神経外科要説(金芳堂、1998)、認知症に負けないために(幻冬舎、2018)、ロコモに負けないために(幻冬舎、2019)、脳梗塞に負けないために(幻冬舎、2020)受賞:槙殿賞(広島医学会会頭表彰、1985)、日本医師会最高優功賞(1996)、修道医会社会功労賞(2016)

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。