メディア掲載情報

<パブリシティのお知らせ>『天空橋を渡って』 松井左千彦様

2022.07.26

弊社刊行書籍が株式会社ハーツ&マインズ発行『月刊 おとなりさん vol.469』にて紹介されました。

 

 

 

株式会社ハーツ&マインズ『月刊 おとなりさん』様のホームページはこちらへ〉

http://otonarisan.jp/index.html

 

〈弊社制作実績ページはこちらへ〉

https://www.gentosha-book.com/products/9784344939851/

 

引き続き、幻冬舎ルネッサンス新社の書籍をよろしくお願いいたします。

天空橋を渡って

著者名
松井左千彦
書籍名
天空橋を渡って

松井左千彦プロフィール

1958年、秋田県横手市雄物川町出身。神奈川県横須賀市在住。 44歳にして無性に物語を創作したくなり、日々の通勤電車の中で書きはじめる。十万字の散文詩を試みた、存在の神秘と美を詠う物語「酔いどれ天使の遺書」(港の人)などの作品がある。 なお、今回の作品の題材となった成年後見制度については、2007年から2016年迄の秋学期、明治学院大学に於いて、一般公開講座の講師を務めている。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人3,500書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。