【大賞発表】第3回 短編小説コンテスト

『稲荷の怪奇収集~手招く鬼~』

月巳:著

編集部コメント

 作品の世界にどっぷり浸れる長編小説は、言うまでもなく一定の需要があるが、落ち着いて読書ができるという恵まれた環境にある方は少数派であるのも事実だ。多くの人は通勤・通学の行き帰りの電車や休憩中などの少しの待ち時間を利用していることもあり、手軽に読書を楽しむことができる短編小説の人気はますます高まっている。

大賞作品「稲荷の怪奇収集~手招く鬼~」は、短編であることを活かした疾走感も併せて、中毒性の高い一作であった。

ある日、主人公のもとを訪ねてきた一人の青年・水瀬ユウ。彼の住む渓露村では、毎年ある行事の時に5歳~7歳の子どもが6人いなくなるという……綿密に組まれたストーリー展開は、異様な雰囲気を感じさせながらラストまで駆け抜けていき、物語世界へと没頭させる。本作品は1万字に満たないが、短い文章の中でここまで巧妙なストーリーとして仕上げる著者の筆力は圧巻である。

幻冬舎ルネッサンスの短編小説コンテスト は、
「長編作品を書いたことがない」「長編作品を書くのが苦手」
「短編小説を書くのが大好き!」といった方々の実力試しにピッタリのコンテストです。

ミステリー、恋愛、ファンタジー、SFなどテーマは自由。
自身で体験したエピソードに基づいた小説から完全オリジナルのファンタジー小説まで、
みなさんの感性を出し切った作品を大募集いたします。

大賞作品を1点選出し、幻冬舎から電子書籍化!ご応募は10月31日(月)まで。

この機会に腕試しをしてみてはいかがでしょうか。
皆様からの素敵な作品をお待ちしております。

募集内容

ジャンル:短編小説
pdf、wordを推奨(一太郎は正しく表示されない可能性があります)。
必ずタイトルを添えてお送りください。文字組等、書式や体裁は自由です。
※応募原稿は返却いたしませんので、コピーでのご応募をお願いいたします。

<応募規定>
日本語で書かれた、未発表の作品。
400字詰原稿用紙(~30枚)

<応募期間>
2022年8月1日~10月31日23時59分まで。郵送の場合は消印有効

<結果発表>
2022年11月 大賞発表予定
・受賞可否の通知は、弊社コンテスト担当者よりご連絡いたします。

<作品の著作権>
応募作品 ご応募いただいた作品の著作権は著者に帰属することとなります。
入賞作品 ご応募いただいた作品の著作権は著者に帰属することとなります。

◯主催者
幻冬舎ルネッサンス

◯その他注意事項
・応募原稿の返却は行いません。
・応募者へは弊社(幻冬舎ルネッサンス)の個人出版サービスのご案内をさせていただく場合がございます。

テキストのコピーはできません。