短編小説コンテスト

大賞作品
電子書籍化

大賞

『江戸屋の正一』辻茂:著

【大賞作品 幻冬舎より電子書籍化】

『江戸屋の正一』
(辻茂・著)


■あらすじ
神や仏は本当にいるのか。仮にいたとして、彼らは人々にご利益や奇跡を与えることはあるのか。昭和初期、香川の老舗商店の跡継ぎである正一は、いつからか「神仏在りや無しや」という疑問を抱く。「あの家は実力ではなくご利益で繁盛している」という噂への反発や、いくら祈っても助からなかった妹の死に対する想いから、神の不在、もしくは神がいても我々に干渉することはないという証明を試みる。

マルクスやパスカルの考えを引用しながら、「神仏の示現や奇跡などは絶対にない」という結論に至るが、その後「弘法大師の示現ではないか」と思われる謎めいた少年と出会い、考えに変化が生まれる。

下平 駿也 大賞作品『江戸屋の正一』
編集者講評

一神教の国家においては「神の存在証明」というのは重要なテーマとして幾度となく文学作品に取り上げられていますが、多神教、ヤオヨロズの神がおわす国である日本ではあまり見られないテーマといえます。

「神仏の示現」と思われる出来事に直面した主人公が強くショックを受けたり、考えを180度改めるような大きな変化をすることなく、自然に受け入れる、という結末も素晴らしいです。西洋文学では深刻な問題としてとらえられることの多い「神」に関する考察を、本作では身近に描いているのです。
また、「神」について考察する場面において、アカデミックになりすぎず、易しく説明している点も評価できます。西洋哲学から日本の信仰まで理知的に分析しながらも、あくまで中高生が呼んでも理解できる範囲の言葉で説明しています。

重大なテーマを、あくまでエンターテイメント小説として分かりやすく描いた傑作です。

幻冬舎ルネッサンス新社編集部マネージャー
下平 駿也

審査員

矢口 矢口 仁(やぐち じん) 株式会社幻冬舎ルネッサンス新社会長 兼 株式会社幻冬舎メディアコンサルティング副社長。創業時より、文芸書・ビジネス書・実用書など幅広いジャンルの編集に従事。初めての個人出版から、株式会社リクルート、株式会社バンダイ、セコム株式会社といった大手企業の法人出版まで、豊富なプロデュース実績を持つ。手がけた書籍は1,800冊を超える。
山名 山名 克弥(やまな かつや) 株式会社幻冬舎ルネッサンス新社 代表取締役社長。「プロの読者目線」を信念に、1か月に5~10冊の書籍刊行に携わる。かつては企画営業部に在籍した経験から、書店への流通・販売戦略の立案や、プロモーション戦略面についても熟知し、制作面に拘わらずそれぞれの著者に最適な出版戦略の企画立案を得意とする。趣味は食べ歩き。
下平下平 駿也(しもだいら としや) 幻冬舎ルネッサンス新社編集担当。書籍の企画立案はもちろん、出版後の販促やイベントにまで携わることで独自の“売れるノウハウ”を構築。かつてはビジネス書の販促企画チームに所属しており、企業の代表など権威ある著者からの信頼も厚い。

PAGE TOP ▲