コラム

知らなきゃ損!自分史のノート活用法を紹介

「自分史」とは、自分の人生において起こった出来事をまとめた、いわば自分の歴史書です。
こちらを書くことで自分の人生を客観的に振り返ることができますし、自己肯定や自分を好きになることにも繋がります。

自分の人生をまとめる方法としておすすめなのが「自分史ノート」を作ることです。一般的に自分シートはテンプレートが豊富で、市販の自分史ノートも多く販売されています。本格的に自分史を書く前にこちらに取り組む人も多いことでしょう。

自分史ノートを作り上手く活用することができれば、人生がより豊かになります。
今回の記事では、自分史ノートの活用法について紹介します。

 

「自分史ノート」は何のために作る?

まずは、自分史ノートを作るうえで得られるメリットを紹介します。
自分史ノートの完成にはもちろん大きな意味がありますし、作る過程でも良いことをたくさん感じられます。

自分の人生で起きたことが形として残る

1つ目のメリットとして、自分が生きてきたという証、そして自分の人生で起きたことが後世に残るということが挙げられます。
これは作り上げたことで得られる最も大きな成果でしょう。

よほどの有名人でもない限り、人が生きてきたことやその人が成し遂げてきたことは残されず、やがて忘れられてしまいます。
ですが自分史を作ることで、あなたの人生で起きたさまざまな出来事は文章という形で残るのです。

たとえ人の記憶から消えようと、色褪せていこうと、ノートに記した文章は消えません。
人生を残すという意味で、自分史は大きな役割を果たします。

自分の人生を振り返ることができる

2つ目のメリットとして、自分の人生を振り返れるということが挙げられます。

長い人生、いろいろなことがあったと思います。
楽しかったことだけでなく、辛かったことも決して少なくはないでしょう。
ですがそれらの出来事全てが、自分の人生を作ったのです。

自分史ノートを作る過程で、普段は思い出さないような出来事まで振り返ることができます。

そうして振り返ることで、自分の人生で起こった出来事すべてが大切であったことを実感することができるでしょう。
そしてそれは、自分の過去がより色づくことに繋がります。

自己肯定感が高まる

3つ目のメリットとして、自己肯定感を高められることが挙げられます。
自分史ノート作りは、過去を残すだけでなく、これからの人生を良くすることにも繋がるのです。

自分史を作るために人生を振り返る過程で、それまで忘れていたさまざまな出来事を思い出します。
努力したこと、辛かったこと、大変だったこと、そういった記憶を取り戻すかもしれません。

そして、それらを乗り越えて今を生きているという事実に改めて気付いたとき、これまでの自分を肯定することができるはずです。

自分史を作りながら、長い人生を乗り越えて今自分がここにいるということを実感できるはずです。
そしてそれは、自己肯定感を高めてくれますので、今後の人生がより明るく豊かになります。

 

自分史ノートを作ったらどうする?

年表を作ったり各エピソードについて詳しく書いたりして、やがて自分史ノートが出来上がります。
せっかく作った自分史ノートですから、ぜひ有効活用したいところですよね。
そこで、出来上がった自分史ノートの活用法を紹介します。

大切な人に読んでもらう

まず、できあがった自分史ノートを家族や友人、孫といった、自分の大切な人に読んでもらうと良いでしょう。

自分史ノートには、自分の人生を作り上げてきた大切な出来事や、自分を形作る考え方や思考などが記載されています。
それを大切な人に読んでもらうことで、自分をより理解してもらうこと、その人との関係をより深めることができます。

自分という人間をより深くしってもらう大きな助けとなります。
自分史ノートはぜひ大切な人に読んでもらってください。

辛いときに改めて読む

自分史ノートは、山あり谷ありであるあなたの人生について記録したものです。
すなわち、さまざまな出来事を乗り越えてきた証でもあります。

何か辛いことがあったとき、自分史ノートを読んでみてください。
あなたがこれまで、人生でたくさんの辛いことを乗り越えてきたということを実感できます。

自分史ノートを作ったあとも人生は続きます。
時に辛く苦しいこともあるでしょう。

そんなとき、自分で作り上げた自分史ノートを読んでみてください。
過去の自分から勇気がもらえるはずです。
自分史ノートは、これからの自分を支えるためのものでもあります。

ネット上に公開してみる

少し難易度は上がりますが、ネット上に公開するのも1つの手です。

偉人の伝記を読んで自分の価値観になんらかの変化が起きたことはないでしょうか。
偉人でなくても構いません。一般人のとある体験談を読んで勇気づけられたことはないでしょうか。

大きな出来事にぶつかったときの考え方や行動というのは、人によって違います。
そして、自分と違う思考に触れたとき、人は何らかの影響を受けるのです。

あなたの自分史だって、誰かのためになるかもしれません。
自分史を公開することで、誰かの助けになる可能性があります。

個人情報という点から少々注意する必要はありますが、ネット上で不特定多数の人に見てもらうことも活用法の1つです。

本格的に自分史に取り組む

自分史ノートの作成、ご自身の人生の棚卸は済んだことでしょう。今度は作成した自分史ノートを活用して本格的な自分史を執筆してみるのはいかがでしょうか。

自分史ノートよりも文字数が多くかつ詳細な記述が求められる自分史では、執筆前の事前準備が欠かせません。その事前準備で大いに役立ってくれるのが自分史ノートです。

テンプレートに沿った作成ではなく、自分の言葉で自分の人生を再構築していく作業が自分史の魅力のひとつです。今回作成した自分ノートを頼りに記憶を辿り、ぜひとも執筆を開始してみましょう。

 

自分史ノートの活用法 まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分史ノートを作るのは、過去の自分を肯定すること、未来の自分を豊かにすること、人の役に立つことなどに繋がります。
自分の人生を記録するということは、思っている以上に大きな効果があることなのです。

自分史ノートの活用法はさまざまで、無限大の可能性があります。

さあ、あなたが歩んできた人生をノートにまとめてみませんか?

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。