コラム

本屋に飛び込み営業したら、自分の本を置いてもらえるの?

「自費出版で作った本って、書店に置いてもらえるの?」と考えたことはありませんか? せっかく苦労して作った大切な本。本屋さんに並べてもらって、一人でも多くの人に読んでもらいたいですよね。

 

今回は、本屋に飛び込み営業することで自分の本が置いてもらえるものなのかどうか、また、どのようにしたら飛び込み営業で自分の本を本屋さんに並べてもらえるのか、そのポイントなどについてご紹介します。

 

規模の大きいチェーン店は難しいかもしれないが、地方の本屋さんは可能

基本的には自費出版で作った本は書店になかなか並べてもらえません。

本を置いてもらえない理由として、

 

・売れる見込みがないから

・書店は取次会社や出版社との取引を通じて本を置いているから

 

という2つの理由があります。しかしながら、逆に言えば、

 

・読者が求めているものと合致した、ニーズの高い本

・取次会社や出版社とのつながりが薄い地方などの書店

 

であるならば、本を置いてくれる可能性があるわけです。

 

特に地方の書店を狙うのは有効です。規模が大きいチェーン店の場合は、並べる本について本部が決めているケースがほとんどのため、支店であってもほぼ不可能ですが、個人経営の書店ならば、店主が並べる本を自由に決めているケースもあるので、直接本の魅力をしっかり伝えられれば本を置いてもらえる可能性があります。たとえば、もし近所で日頃から交流しているような本屋さんがあるならば、まずはそこに直接委託販売をお願いしてみましょう。

ポップなどを自作し、熱意を伝える

地方の本屋さんならばもしかすると飛び込み営業であなたの本を置いてもらえるかもしれませんが、やはりその時に必要になってくるのが、本を売り込む「営業力」です。

 

しっかり熱意を伝え、本を売り込むポイントとして、以下の3つが挙げられます。

 

本の分析

ただ「熱意を伝える」といっても、「本を置いてください!」とお願いするだけでは難しいものです。そこに論理的な説得力がなければ、なかなか首を縦に振ってもらえません。説得力の高いアピールをするためにも、まずはしっかり自分の本を分析してみましょう。長所や短所などを洗い出し、客観的に「なぜこの本が売れるのか」という理由を明確にして売り込むことが大切です。

 

ポップの自作

また熱意は言葉で表すだけではなく、行動としても伝えることが大切です。特に書店で活用しやすい手書きPOPを作って持参するのがおすすめです。POPを作りながら上記の「自己分析」もできます。

 

POPの作り方は、いろいろな書店に行って実際に飾られているPOPをよくチェックして参考にするとよいでしょう。大抵は名刺サイズの紙に絵とキャッチコピーが書かれていています。あまり派手にし過ぎないように、使う色を絞って書かれていることにも気付くはずです。

 

自己PR材料も用意

さらにあなたの本だけではなく、あなた自身の人間性もしっかりと伝えることも忘れないようにしましょう。本屋さんにしてみれば、誰なのかもわからない人との仕事の契約は不安になるものです。あなた自身の名刺や、簡単な自己紹介ができるポートフォリオなどを用意しておき、さらにブログやSNSなども利用しているのならば、相手が時間のある時に読んでもらえるようにそれをしっかりと伝えましょう。

 

 

書店で売れる本かどうかというシビアな視点は大切

飛び込み営業に成功して、本を置いてもらったとしても、単に本を置いてもらえればいいわけではなく、その本が売れて、本屋さんにとってもプラスになるのが理想です。もしも売り上げが出れば、次からの売り込みの際にもスムーズに交渉することができるでしょう。

 

そのためにも「本当に書店で売れる本なのか」ということについて、あなた自身が一歩引いた立場から眺めることが大切です。書きたいように書いて売れることはほとんどありません。現在、実際に売れている本や、売れていない本をよくチェックして、市場を把握しておくことも大切です。

 

なかなか自分の本をシビアな視点で見つめることは難しいですが、しっかりこの分析を行っておくことによって、むしろ売り込みのポイントが絞られてきます。

 

 

今回は自費出版した本を、飛び込み営業で本屋さんに置いてもらう方法についてご紹介しました。

 

全国にチェーン展開をしているような大きな書店の場合、本部との兼ね合いなどがあるため、飛び込みで本を置いてもらうことは事実上ほぼ不可能と言えますが、個人経営をしている小さな本屋さんであれば、しっかり熱意を伝えることで書店に本を置いてもらえる可能性はあります。

 

営業活動では、冷たくあしらわれてしまったり、素っ気ない態度をされてしまったりと、手厳しい対応をされることがあるかもしれません。しかし、そういった形からベストセラーを生み出した人も現実にいます。売り込み方法の研究を重ね、他の人のアドバイスに耳を傾け、また、成功をイメージしモチベーションを維持しながら、めげることなく地道に続けていくことで成功へとつながるでしょう。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。