コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?

コラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?

文章を書く上でとても大事な「てにをは」。
何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。
「てにをはをしっかり確認しよう!」とか「てにをは一つで意味が変わる!」などよく言われることですが、「てにをは」の意味を聞かれると正しく答えられる人はそう多くありません。
このコラムを見たあなたも、「てにをは」って実は何だろうと思って、クリックしたのではないでしょうか??
今回このコラムでは改めて、「てにをは」とは何か、そしてついでに「てにをはマスター」になるためにコツをお伝えしたいと思います

 

てにをはとは

 

もともと「てにをは」は、漢文を読むために漢字の横につけられている「ヲコト点」に由来していると言われています。
元来は助詞だけでなく、助動詞、接尾語など、補助的な働きをするものの総称でした。
今では話のつじつまが合わないときなど、「てにをはが合わない」などと比喩として使われることもあります。

「てにをは」とは、「は」「を」「が」「も」「に」など、語句と他の語句との関係を示したり、文章に一定の意味を加えたりする言葉のことを指します。
「てにをは」の使い方を誤ると、文章のつじつまが合わなくなったり、ニュアンスが全く違う文章になってしますので要注意です。

日本人であれば話す時は自然に使い分けているこの「てにをは」ですが、「書く」となると使いこなすことは、意外に難しかったりします。

 

てにをはを間違えるとどうなってしまう?

 

話す時は「てにをは」を間違えても、なんとなく意味が通じてしまうものですが、良い文章を書くためには「てにをは」を間違えてしまうことは避けたいものです。
「てにをは」を間違えてしまうとどんなことになるか、例を挙げてみてみましょう。
「てにをは」の間違えやすい例と言える「が」と「で」で、考えてみましょう。

【例】
・あのお店「が」いい
・あのお店「で」いい
「が」の場合は、どのお店よりもそのお店がいいという印象を受けますが、「で」の場合ではどのお店でもいいという少々適当な印象を受けます。

次に、文章全体の意味合い、ニュアンスをがらりと変えてしまう「てにをは」をマスター
できるコツをお教えいたします。

 

てにをはマスターになるには

 

「てにをは」を使いこなせるようになるには、とにかくたくさんの文章を読みことです。
そしてあなたが分かりやすいと感じる文章を真似して書き、自分の中に取り込むことです。
なぜかというと、分かりやすい文章は「てにをは」がきちんとされていることがほとんどです。
良い文章を自分のものにして、良い文章を書く。これが「てにをはマスター」になるコツです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント