コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう

コラム

本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう

もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか?
大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たちと、もしかしたらお仕事をして過ごす方もいるかもしれません。

さまざまな過ごし方があるクリスマスですが、街ではクリスマスイベントがたくさん。
華やかなイルミネーションや、コンサート、レストランでもクリスマスメニューなどが販売され、日本中がクリスマスムード一色になります。

もちろん街の本屋さんもクリスマスムードになっています。
今日は本屋さんのクリスマスイベントを少しご紹介します。

 

銀座 蔦屋書店

 

GINZA SIX 6Fにあるのが、銀座 蔦屋書店。
今年4月にオープンしたGINZA SIXは初めてのクリスマスを迎えます。
銀座 蔦屋書店は、一般の書籍はもちろん、めずらしいアート作品、世界各国から取り揃えられたアートブック、限定本など、普通の書店ではお目にかかれない素敵な書籍がたくさんあります。大切な人への贈り物としての書籍を選ばれる方もいらっしゃるそう。

銀座 蔦屋書店は「本屋さん」の概念を超えた、壮大なアート空間を演出しており、行くだけで圧倒されます。
そんな書店で行われるクリスマスイベントのテーマが「猫とアートとクリスマス」。
猫に関するアート書籍や写真集、グッズが集められ販売しています。また、期間中は蔦屋書店で一定金額以上のお買い物をすると特製プレゼントがあるそう。ぜひ足を運んでみてください。

 

未来屋書店

 

イオングループの未来屋書店ではクリスマス期間中、大人気『ノラネコぐんだん』のプレゼント企画を実施しています。
期間中に『ノラネコぐんだん』シリーズの書籍などを購入すると、『ノラネコぐんだん』のかわいいシールがプレゼントされ、また、未来屋書店で文庫本を購入すると、『ノラネコぐんだん』のブックカバーをかけてもらえるそう。親子でも楽しめるイベントですね。

書店でのクリスマスイベントはどうしてか、猫関連のものが多いですね。猫好きの方はもちろん、本好きの方もぜひ足を運んでみてください。

今回ご紹介できなかったほかの多くの書店でもクリスマスイベントを実施しています。
クリスマスを機会に、さまざまな書店に足を運んでみるのも良いかもしれませんね。
あなたの特別な一冊に、出会えるかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント