コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > あなたはどう過ごす?一味違う「読書の秋」の楽しみ方

コラム

あなたはどう過ごす?一味違う「読書の秋」の楽しみ方

毎年やってくる読書の秋。
あなたはいつもどう過ごしていますか?

「読書の秋」と言われ意識はするものの、「ただ多めに本を読むだけの季節」だとどこか勿体ない気がします。

今年は一味違う「読書の秋」を過ごしてみたい!
そんなあなたに、読書の楽しみ方を3つご紹介します。

 

①読書イベントに行く

 

東京都内に限らず、全国ではさまざまな読書イベントが開催されています。

特に「読書会」は全国各地でさかんに開催されており、ただ読書するだけでなく、集まった人たちとお酒を飲んだり、ご飯を食べたりと、さまざまなスタイルがあります。

 

②本を紹介しているラジオを聴く

 

本を紹介している雑誌やテレビはよく目にしますが、意外と知られていないのが「ラジオ」。今ではスマートフォンでも簡単にラジオを聴けるので、ぜひ活用してください。

書店に行く暇がないひとに向けて、話題の書籍や新刊を紹介するラジオや、パーソナリティの女優さんがおすすめの書籍を紹介するラジオ、作家さんが名作を解説するラジオなど種類はさまざま。あなたにあったラジオがきっとあるはずです。

 

③お酒を飲みながら読書する

 

お酒を飲みながら読書をする、まさしく大人の「読書の秋」の特権です。そんな特別な読書は、せっかくなので自宅ではなくバーなどに行ってはいかがでしょうか。全国には「読書バー」と呼ばれる、読書をしながらお酒を飲むことを推奨する場所が多くあります。
探して足を運んでみるのも楽しいかもしれません。

毎年恒例の「読書の秋」。
今年はいつもとはちょっと違った読書の楽しみ方をして、秋を過ごしてみてはいかがでしょうか。新しい読書の魅力を発見できるかもしれません。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

本の「帯」はそもそもなぜ必要なのか?
  新刊の書籍にはほぼ必ずといっていいほど「帯」がついています。 本は帯がなくてもISBNやCコードな…
芥川賞・直木賞受賞作、一挙紹介!!
  2018年1月16日(火)に日本文学振興会が第158回、芥川賞・直木賞を発表しました。 毎年注目を…
校正と校閲の違い
書籍制作過程には、「校正」と「校閲」というものがあります。 「地味にすごい!校閲ガールー河野悦子」というテレビドラ…
「伝わる」文章を書くために必要な「読む」技術
私たちは日本語を話すことができるので、ある程度の文章を書くことは誰にでもできます。 誰にでも書けるからこそ、文章は…
書けない、書く暇がないなら「書いてもらう」
唯一無二、最高のアイデアがあるのに文章力がなくて原稿が書けない、または書く暇がなくてあきらめている方、結構いらっしゃ…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント