コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 思わず手に取りたくなる!?特殊装丁デザイン書籍

コラム

思わず手に取りたくなる!?特殊装丁デザイン書籍

書店に行くと、多くの書籍が並んでいます。
現在、だいたい1日に200冊の新刊が発売され、年間にすると約7万冊もの新刊が発売されています。膨大な数の書籍が並ぶなか、どうすれば買い手の目に留まり、手に取ってもらえるのでしょうか。

読者を惹きつけるための1つの要素として、装丁デザインがあります。やはり目立つ装丁デザインのものは目を引きますよね。今回は趣向を凝らした変わった装丁デザインの書籍をご紹介します。

 

① LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンのブランディングについての書籍です。イラストではなく、本物の取っ手がついているのが特徴的です。もし書店に並んでいたら絶対に手に取ってしまうデザインですよね。

 

②川島小鳥『明星』

書籍の形が台形。斬新なデザインで、思わず手に取ってしまいます。実は書籍の中もページによって形がちがうので、ぜひ書店に行って見てみてください。

 

③東京R不動産『団地のはなし』

2枚目の写真でわかるとおり、とても変わったデザインです。ページの高さがそれぞれ違い、デザイナーのこだわりがうかがえます。

このようにデザイン性の高い装丁にすることで、思わず手に取りたくなるだけでなく、手元に置いておきたくなるのではないでしょうか。ぜひ皆さまも書店に行った際には変わった装丁デザインの書籍を見つけてみてください。装丁に注目して書店を散策してみるのも、とても楽しいはずです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…
あなたはどう過ごす?一味違う「読書の秋」の楽しみ方
毎年やってくる読書の秋。あなたはいつもどう過ごしていますか? 「読書の秋」と言われ意識はするものの、「ただ多めに本…
書籍の装丁に施されている「特殊加工」とは?
皆さんは書店で書籍を眺めるときに、「なんでこの字は光っているのだろう?」とか手に取ってみると「なんでカバーの字が浮き…
意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント