コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 思わず手に取りたくなる!?特殊装丁デザイン書籍

コラム

思わず手に取りたくなる!?特殊装丁デザイン書籍

書店に行くと、多くの書籍が並んでいます。
現在、だいたい1日に200冊の新刊が発売され、年間にすると約7万冊もの新刊が発売されています。膨大な数の書籍が並ぶなか、どうすれば買い手の目に留まり、手に取ってもらえるのでしょうか。

読者を惹きつけるための1つの要素として、装丁デザインがあります。やはり目立つ装丁デザインのものは目を引きますよね。今回は趣向を凝らした変わった装丁デザインの書籍をご紹介します。

 

① LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンのブランディングについての書籍です。イラストではなく、本物の取っ手がついているのが特徴的です。もし書店に並んでいたら絶対に手に取ってしまうデザインですよね。

 

②川島小鳥『明星』

書籍の形が台形。斬新なデザインで、思わず手に取ってしまいます。実は書籍の中もページによって形がちがうので、ぜひ書店に行って見てみてください。

 

③東京R不動産『団地のはなし』

2枚目の写真でわかるとおり、とても変わったデザインです。ページの高さがそれぞれ違い、デザイナーのこだわりがうかがえます。

このようにデザイン性の高い装丁にすることで、思わず手に取りたくなるだけでなく、手元に置いておきたくなるのではないでしょうか。ぜひ皆さまも書店に行った際には変わった装丁デザインの書籍を見つけてみてください。装丁に注目して書店を散策してみるのも、とても楽しいはずです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

本の「帯」はそもそもなぜ必要なのか?
  新刊の書籍にはほぼ必ずといっていいほど「帯」がついています。 本は帯がなくてもISBNやCコードな…
芥川賞・直木賞受賞作、一挙紹介!!
  2018年1月16日(火)に日本文学振興会が第158回、芥川賞・直木賞を発表しました。 毎年注目を…
校正と校閲の違い
書籍制作過程には、「校正」と「校閲」というものがあります。 「地味にすごい!校閲ガールー河野悦子」というテレビドラ…
「伝わる」文章を書くために必要な「読む」技術
私たちは日本語を話すことができるので、ある程度の文章を書くことは誰にでもできます。 誰にでも書けるからこそ、文章は…
書けない、書く暇がないなら「書いてもらう」
唯一無二、最高のアイデアがあるのに文章力がなくて原稿が書けない、または書く暇がなくてあきらめている方、結構いらっしゃ…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント