コラム

SF作家注目の文学賞「星新一賞」とは**

文学賞では、芥川賞、直木賞、松本清張賞など有名な作家の名前を冠した賞が多くあります。
今回はその中でも、短編SF作品を主題とした「星新一賞」を取り上げます。

 

 

 

星新一賞とは

 

星新一賞は日本経済新聞社が主催する、今年で5回目を迎える、新しい文学賞です。
毎年2000~3000を超える応募があるそうです。

星新一というと、ショートショートを書いたSF小説家という印象が強いかと思います。
しかし、元々は研究者で、製薬会社の社長という異色の経歴を持っており、生涯残した1000以上の作品のベースは理系的な発想力に基づいているといえます。
文学だけでなく科学にも影響を与える「理系文学」のコンセプトで、作品を募集しているようです。

 

人口知能による創作小説が1次審査を通過し、話題に

 

第3回で日経「星新一賞」では、人工知能による創作小説の一部が1次審査と通過し、話題になりました。
SF作家の長谷敏司氏は「きちんとした小説になっており驚いた。100点満点で60点くらいの出来で、今後が楽しみ」と評価しました。
(参照:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H3S_R20C16A3CR8000/)

 

星新一賞の募集要項

 

募集は3部門に分かれており、一般部門、学生部門(在学中25歳以下)、ジュニア部門(中学生以下)となっています。
いずれも理系的発想、未来への想像力が求められており、字数は10000文字以下(ジュニア部門は5000字以下)と短編小説のような短さです。

第5回の応募締め切りは2017年9月30日(土)となっていますが、10000文字ということを考えれば、これから書く方も間に合うかもしれません。

 

過去にはこんな人も受賞

 

過去のグランプリ作品では、大学の理学部教授や科学雑誌の記者の作品もあります。
理系的なアイデアが重要視されているといえます。

しかし、小説のジャンルを問わず言えることですが、いくらアイデアが独創的で優れていたとしても、文章がきちんとしていなければ、レベルの高い小説は書けません。
また、自分で書いた作品は、正しい言葉の使い方かどうか、読者にわかるように書かれた文章かどうか、意外と判断できないものです。
一度、仕上げた作品は、第三者や編集者に見てもらうといいでしょう。
作品の質がより向上するはずです。

未来がどうなっているのか、科学はどう進化していくのかといったテーマは、誰もが興味を持つテーマであり、多くの人が楽しめるものです。
また、短編であるため、比較的挑戦しやすい文学賞ではないでしょうか。
ぜひ、筆をとり、応募してみましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。