コラム

ミステリ小説の「謎」と「魅力」のつくりかた

「ミステリ小説を書いてみたい」──そう考えたことのある方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。

読むのは楽しいミステリ作品ですが、書くとなると難しそうですよね。

「自分にはミステリ小説なんて書けない……」「動機、トリックが思いつかない」と諦めてしまっていませんか?

そこで本記事では、ミステリにおいて最も重要な、トリックと動機を書く際の考え方をご紹介します。 

 

ミステリ小説におけるトリックの考え方

 

手品のトリックとミステリのトリックは、観衆・読者を巧みに欺くという点でよく似ています。

例えば、コインを手の中に入れたはずなのに、合図をすると胸ポケットの中から出てくるマジック。

観客は「どうコインを移動させたのか」に注目します。

しかし本当に重要なのは「いつコインを移動させたのか」ということ。

実は、手の中に入れるより前に、コインは胸ポケットにこっそり入れられているのです。

 

ミステリでも似たような例が挙げられます。

誰もいなかったはずの密室のドアをこじ開けると、そこには死体が転がっている、という場面を考えてみましょう。

この場合、読者の意識は「どうやって密室状態の部屋に死体を持ち込んだのか」という点に集中します。

ミステリでは、ここを目指して読者を誘導する必要があります。

しかし実際はここでも、謎はむしろ「いつ密室状態の部屋に死体を持ち込んだのか」という点にあります。

例えば「最初に発見された死体はダミーで、第一発見者が驚いて部屋から逃げ出した後、鍵の開いた部屋に本物の死体が運び込まれた」などが考えられます。

したがって、「死体が運び込まれたときにはそもそも密室などなかった」というのが正しい表現ということになります。

 

つまり、謎の焦点とトリックをずらすことが、読者を欺くポイントになるのです。

これにより、真相を知った読者を驚かせ、ミステリ小説全体の質を上げることができます。

 

ミステリ小説における動機の考え方

 

続いては動機について考えてみましょう。

物語を読んでいて、意外な人物が犯人であったことが明かされ、驚いた経験を持ったことは多いでしょう。

なぜその犯人を意外だと感じたのか振り返ってみると、動機が意外だったということに気付きます。

 

では、意外な動機を考えるにはどうすればよいのでしょう。

ここでは2つのパターンをご紹介します。

 

① 動機自体はごく普通だが、それが隠されている

動機自体はごく普通ですが、それが背景や人間関係に隠蔽されているパターンです。

後から事情が明らかになったことで、読者は納得感を得ることができます。

重要な部分は意図的に隠しつつ、真実のヒントを散りばめるのが良いでしょう。

 

② 動機自体がそもそも異常で、予想もできない

常人には理解できない動機で犯行が行われているパターンです。

この場合、いかに読者に納得させるかということがポイントとなります。

「犯人の思考が垣間見える伏線」と「その考え方が一貫している」ことが肝心です。

 

罠をしかけて読者をミスリードする

 

物語を読んでいると「怪しい」と思わせる人物が登場します。

この人物は、作者が読者を騙すために用意された罠であることがほとんどです。

このように、人を誤った結論に導くことを「ミスリード」と呼び、ミステリ作品では非常に重要な要素となります。

また犯人として疑われる人物は、その不審な挙動に実はその行動には別の理由があった──という展開にすることで、伏線の回収にも使いやすくなります。

 

最後に

 

本記事ではミステリ小説におけるトリックと動機の考え方をご紹介しました。

トリックと動機を考えるのは簡単ではありませんが、まず枠組みを立ててから肉付けすることで幅が広がります。

ぜひ挑戦してみてください。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。