コラム

書籍の交通広告のヒミツ

電車内にはたくさんの広告があります。
中吊りポスターをはじめ、窓の上、ドア上、ドア横のポスター、ドア周りのステッカーなどいろんなところに配置されています。
その中で「ドア横広告」「ドア周りのステッカー」は特に書籍の広告が多く掲出されています。
では、なぜ”ドア周り”は書籍の広告が多いのでしょうか?

 

出版界が注目している「ドア横」

 

出版業界の専門紙「新文化」2016年9月1日付によれば、ドア横広告には一定数は売り上げを伸ばすことができる媒体として、出版社の注目を集めているそうです。
実際、ベストセラーになった書籍の多くが、ドア横広告を打っています。
ドア周りは電車内でも乗客が密集しやすく、乗客の目線と同じ高さにあるため、目につきやすいのです。

広告がどのくらいの人に見られたかを表す率を広告到達率といいますが、JRグループの広告代理店であるジェイアール東日本企画によると、ドア横広告の到達率は49,8%、約2人に1人が見ていることになります。
ドア周りのステッカーでも28,5%と約3人に1人が見ているのです。

 

駅ナカ、駅周辺の書店も注目している

 

ドア周りの広告のメリットは知らせるだけではありません。
そのまま購買につながりやすいのも、特徴といえるでしょう。
広告を見て電車を降り、近くの駅ナカ、駅近くの書店ですぐに書籍を購入できるということ、すなわち、広告の場所と商品の売り場が近いことが強みということになります。
その特徴を活かし、「子どもやお年寄り向けではなく、電車を降りてすぐにお金を出して、その本を買える大人が読者対象の書籍をドア横で出す」とする大手出版社の戦略もあるようです。
実際、自己啓発、ビジネス、文芸、実用といったジャンルをよく目にします。

鉄道利用の客層や沿線にどのような人たちが住んでいるか、働いているかといった点を考慮して、読者ターゲットに合わせた広告戦略がとられているのです。
鉄道グループの書店の例として、京王グループ内で「啓文堂書店」を展開している京王書籍販売を見てみましょう。

(出典:http://www.keibundo.co.jp/shop/post_10/

啓文堂書店では、電車内のドア横広告と同じデザインのポップ(商品の近くにある紙媒体の広告)が使われています。
新刊に限らず売上好調な、あるいは書店イチオシの本のロングセラーを目指す方針で、売りたい本は出版社と広告費を折半して、ポスター掲載をするそうです。
「電車で偶然広告をみて、最寄り駅の書店で買ってしまう」、買う側から実感がなくても、鉄道沿線の書店側ではその実感があるようです。

 

(参照:https://trafficnews.jp/post/59692/2/

広告費はタイミングと路線によって大きく異なる

 

広告費は気になるところですが、すでに見たドア横などの種類、広告を出すタイミング、期間、路線や地域によってさまざまです。
出版社に人気のドア横はドア上、ステッカーと比べ、割高です。
時期も卒業式、入学式を控える3,4月や年末年始は人の移動が多く、割高になっています。
一方、首都圏の中心から地方になるにつれて安くなり、本数の少ない特急列車でも比較的安くなります。

また、広告の掲載期間は路線によって1週間でいくら、1か月でいくらと決まっています。
いずれにしてもお金はかかります。
読者ターゲットの多い路線に絞って、広告を出すべきでしょう。

余談になりますが、デジタルサイネージという映像メディアもあります。
ドアの上や駅ナカにあるモニターなどの総称で、書籍の広告はあまり見かけませんが、通勤のタイミングではよく視線が向く位置です。

 

ちょっと変わった電車広告

(出典: www.excite.co.jp

最後に、ちょっと変わった電車広告の紹介をしたいと思います。一見するとよくある週刊誌の中吊り広告のようです。
しかし、よく見ると……KINCHOの広告です。
週刊誌風でとてもキャッチーです。
インパクトのある中吊り広告の例でしたが、これ以外にもたくさんの面白い広告があります。
普段、何気なく見ている電車広告にもいろいろな意図が隠されています。
ちょっと違った見方で観察してみるのもいいかもしれません。

 

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。