コラム

第2回 風を切るように、読み進められる文章。**

 

『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)

 

拙著『仕事にやりがいを感じている人の働き方、考え方、生き方。』に対して「文章が読みやすい」との評価を非常に多く頂戴する。「読みやすさ」を意識して書いた僕にとって、最高に喜ばしい評価だ。みなさま、ありがとうございます。

本書では、短文を意識的に多用している。抑揚のない(「~た。」で終わる)短文の連続性で全体を構成している。ちょっと気取って言うならば、小気味よい“リズム”とまっすぐに読み進められる“スピード”を意識したつもりである。

ややもすると単調になりがちな文体に対して、制作の過程で疑問出しをいただいたが、僕は構わず押し通した。僕が考える「読みやすさ」を実現したかったからである。とはいえ、自信があったわけではない。出版後、多くの方から「読みやすい」と言っていただき、本当に救われる想いがした。

個人的には、晦渋な文章のほうが好きである。文章に異物のような抵抗感があるものを、若い頃から耽読してきた。今回は、好みとは正反対の文体を採用した。その背景には、読者の存在がある。

本書において設定した主たる読者層は「年齢は20代、仕事に対して意識が低く、そもそもビジネス書なんてぜんぜん読まない人」だ。ビジネス書としては、かなり無謀はターゲット設定だろうが、手に取っていただけることを僕は信じた(特に根拠はありません)。しかし、読んでいただけたとしても、文章に異物のような抵抗感があったら、すぐに本を閉じてしまうだろうと思った。そこで、自分の好きな文体ではなく、「そもそもビジネス書なんてぜんぜん読まない人」でも楽に読める文体で書こう、と考えたわけである。

風を切るように読み進められる文章。僕は、それを目指した。

とはいえ、なかなか難儀であった。文章を書いていると、前回のコラムで書いたトランス状態になり、文体が、抵抗感があるゴツゴツしたほうへ引っ張られていくのだ。そんな自我を、「そもそもビジネス書なんてぜんぜん読まない人」を意識することで制しながら、「読みやすさ」を保っていった。「読みやすい」と言っていただけたので及第点をつけられるとは思うが(自己評価)、一方で、文章に独特の“粘り”が残っているようで少し気持ち悪い……とも思っている。

ちなみに、普段のライター稼業では、同様な状況に陥ることがない。難なく抵抗感のない文章が書ける。謎。本を書くって、やはり、何かが違うんでしょうね。

■著者紹介

『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』(毛利大一郎・著)

株式会社R4 クリエイティブディレクター/ライター

1974年 愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学 第一文学部卒。2006年、企業の人材採用・教育に関わる各種サービスを展開する株式会社R4に入社。以来、数多くの求人広告・企業広告の制作に携わる他、パンフレットや映像の企画・制作、企業理念の作成・ブランディングなどを行う。2014年より同社制作部 事業部長。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。