コラム

第1回 書き手には、書くことに必然性がある。**

 

『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)

 

今回から計3回にわたり、コラムを書かせていただくことになった。書籍の執筆中に考えたことを、思いつくまま書いていこうと思う。

2017年3月、『仕事にやりがいを感じている人の働き方、考え方、生き方。』を出版させていただいた。出版の動機については本書に詳しいので、ここでは割愛させていただくが、とにかく「書きたい」「伝えたい」という欲が先行していたように思う。しかし、いざ書こうという段になって、それが「書かねばならぬ」になり、書き始めて以降は「書かざるを得ない」に変わっていった。

本書を執筆するにあたり、10名の方に取材をさせていただいた。取材を終えて、みなさんの『働き方、考え方、生き方』を伝える義務や責任が生じたように感じた。さらには、「これは自分にしか伝えられない。書かなければならない」という使命らしきものも感じた。義務も責任も使命も、僕が勝手に感じたものである(実際は、そんなに大それたものではありません)。しかし、書くことの必然性が本書を完成に導いた、と思うのだ。

 僕だけかもしれないが、文章を書いているときは、ちょっとしたトランス状態になる。「物を書く人」というラベルが貼られ(というか意識的に貼り)、それを演じながら一字一句綴っていくのが、たいへん心地よいのだ。今回はきっと、そんな陶酔状態から、責任やら使命やらの完全なる勘違いが生まれ、さらに進んで「もう、これは、書かざるを得ない!」との必然へと至ったのであろう、と自分では思っている(たぶん正しい)。

書くことに必然性がなければ、最後まで書き切ることはできなかったかもしれない。書き切れたとしても、一定のテンションを維持することはできなかったであろう。「書きたい」「伝えたい」だけだったら、本は完成しなかったようにも思う。 

僕に限らず、自分の書くものが書籍となる場合は、書き手に何らかの必然性があるのではないか、と考える。「書かざるを得ない」という想いが言葉の端々に行き届き、豊穣な文章となり、一冊の本として結実する。書籍には、そんな魅力があるのかもしれない。よくわからんけど。 

今、ありがたいことに、複数の方々から「次は~を書いてほしい」とのリクエストをいただく。テーマは実にさまざまである。しかし、いずれのテーマを書くにせよ、そこに僕が書く必然がなければ、いい加減なものになってしまう気がする。だから次も「書かざるを得ない」ものを、書きたいと思う。

■著者紹介

『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』(毛利大一郎・著)

株式会社R4 クリエイティブディレクター/ライター

1974年 愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学 第一文学部卒。2006年、企業の人材採用・教育に関わる各種サービスを展開する株式会社R4に入社。以来、数多くの求人広告・企業広告の制作に携わる他、パンフレットや映像の企画・制作、企業理念の作成・ブランディングなどを行う。2014年より同社制作部 事業部長。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。