コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 本の「デザイン」は表紙だけじゃない! 書籍ごとの個性を出すための工夫とは?

コラム

本の「デザイン」は表紙だけじゃない! 書籍ごとの個性を出すための工夫とは?

書店の棚にずらりと並んでいる書籍の数々。
その中から、皆さんは何をもとに1冊の本を選ぶでしょうか。
お気に入りの作家、タイトル、話題作etc……さまざまな要因があるかと思います。
なかでも、表紙のデザインに目を引かれて思わず……といった経験をお持ちの方は多いはずです。

今回は、本のデザイナーに注目してみます。

 

カバーデザイン、表紙

 

書籍のデザインと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、カバー・帯、そしてカバーを外したときに現れる表紙の3箇所だと思います。
もちろん、これらについてもデザイナーが原稿の内容に合わせていろいろと試行錯誤して作られています。
カバーに使用する紙の素材や加工についても、1冊1冊きちんと考えられているのです。

 

別丁扉

 

「別丁扉」と聞いても多くの方はあまりピンとこないかもしれません。
本を開いたときに、本文の紙とは異なる用紙にタイトルが書かれているページがありますよね。
これが別丁扉です。
どういったデザインにするかだけでなく、ここに何色の、どういった素材の紙を使用するかについてもデザイナーが決定します。

 

本文

 

書籍によっては、文章の上、もしくは下に飾りが入っているものがあります。
各章の始まり(トビラ)のページが装飾されているものもあります。
これらについても、読者ターゲット層はどこか、どういった内容の書籍かなどを考慮したうえで工夫が凝らされています。
若い女性向けであれば、読んでいるだけで気分が上向きになるようおしゃれなデザインにして挿し絵を使ってみたり、章ごとにステップアップしていく内容であればページの端に山を越えていくイラストを入れてみたり、遊び心も忘れません。

 

表紙や内容ばかりに目が向きがちですが、節々に見られるデザイナーのこだわりにもぜひ注目してみてください。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…
フォントを観察してみよう~明朝体編①~
普段本を読んだり、広告を目にしたり、ワードで文章を作成したりする中で書体(=フォント)を気にしたことはありますか? …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント