コラム

人生が変わる?「読書記録」のススメ

本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の人生を大きく変えることもあります。

 本を読んで、感じたことを記録として残してみませんか?

後に振り返ったとき、「この本を読んだことが今の自分に通じているかもしれない」と、新たな発見に繫がるかもしれません。

 

記録すべき項目

 

記録として残しておくべき項目としては、①いつ読んだのか ②本を読んで感じたこと の2つです。
②は短くてもかまいません。

本は、読む年齢や人生経験によって、感じることが変わっています。
再読したときに「こんな本だったっけ?」と思った経験がみなさんにもあるのではないでしょうか。
そのため、①いつ読み ②そのとき何を感じたかを残しておくことはとても大切なのです。

「この本は10代のときに感動したけど、20代では思ったより面白くないな」という場合、自分の子どもには10代のときにお勧めしてみましょう。

 

記録方法

 

①書籍の奥付部分に鉛筆で書き込む

 この方法は本に書き込みをしたくない方には向きませんが、ぱっと手にとってすぐに読んだときのことが分かるので、お勧めです。

②読書ノートをつくる

 この方法は定番ですね。
イラストなどを書き込んでも面白いかもしれません。

③読書記録アプリを活用する

 現在、読書記録ができるアプリは数多くあります。
無料のものもありますので、デジタル派の人は試してみてください。

 

いかがでしたでしょうか?自分に合った方法で、ぜひ試してみてくださいね♪

 

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。