コラム

「出版後、お金をかけずに多くの人に本を知ってもらうためにはどうすればいいでしょうか?」/出版のお悩み相談**

 

ご好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。

今回は、出版「後」についてのお悩みです。

出版した大切な作品、できるだけ多くの人に手にとってもらいたいですよね。

今回は、SNSを用いた書籍のPRをご紹介いたします。

 

ご相談
「出版後、お金をかけずに多くの人に本を知ってもらうためにはどうすればいいでしょうか?」

 

編集者からのアドバイス

実は出版後、著者自らが書籍をPRすることで話題となる作品は数多くあります。

最も手軽な方法が「SNSの活用」でしょう。

堀江貴文さんが書籍を出版した後のTwitterを見てみましょう。

195

プロフィールに書籍画像が多く使われています。

この画面を見れば、誰でも書籍が販売されていることに気がつきますよね。

「どんな本だろう?」と、ついつい手に取ってしまうのではないでしょうか。

 

このほかにも、

松村厚久さんのように、エゴサーチによって著作の情報は全て拡散する。

佐々妙美さんのように、常にPRし続ける。

アルテイシアさん のように、自身のSNSに前面的に著書を押し出していく。

など、セルフプロモーションを行っている方は大勢います。

 

Web上での展開は無料ですし、twitterのデフォルト機能や「Google URL Shortener」などフリーソフトを使うことによって、アクセス数なども確認できます。

著者が自分で最初のファンを作ることがポイントです!

ぜひ試してみてくださいね。

 

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。