コラム

写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと

スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。

「せっかく撮ったのにデータとしてしまっておくだけなんてもったいない!」――そう思っている方、あなたの写真を写真集にしてみませんか。

今回は、写真集をつくるためにまず決めたいことを3つに分けてご紹介します。

 

①写真集の具体的なイメージを決める

 

まずは作りたい写真集の具体的なイメージを考えます。

・出版目的:なぜ写真集を作りたいのか(記念に、写真家として箔をつけたい、など)
・テーマ、コンセプト:どのようなテーマを設定するのか(風景、人物、イベントなど)
・キャプション、文章の有無:写真のみにするのか、説明文や短文をつけるのか

これらは書籍の柱となる部分ですので、しっかりと定めておかないと、制作途中で内容が揺らいでしまう恐れがあります。

 

②写真集の仕様を決める

 

写真集の柱が固まったら、使用したい写真の量に合わせて書籍の仕様を決めていきます。
ページ数は、写真集だと64~96ページほどが一般的です。
また、四六判(単行本サイズ)B5判、正方形など書籍のサイズもこの時点で確定させる必要があります。
小説や一般的な実用書と比べてサイズの自由度が高いのは写真集の魅力の1つともいえます。

 

③写真の解像度をチェックする

 

最近ではスマートフォンでも十分きれいな写真を撮ることができますが、デジタルカメラや一眼レフで撮影されたものが好ましいです。
一方で、どの媒体で撮るかによっても写真の味が変わってきますので、ここは個人の好みでよいかと思います。

1つだけ、すべてに共通して注意しなければならないのが「解像度」です。
基本的に350dpi以上あれば写真集にする際に問題ないとされています。
解像度は写真ひとつひとつに記されています。ぜひ確認してみてください。

 

 

写真集を制作する際には、著作権や肖像権を侵害していないか、使用するのに許可や申請が必要なものが写っていないか注意する必要があります。
たとえば、他の人の作品(芸術・絵画など)を撮影した写真を使用する場合、製作者に許可なく掲載することはできません。

きちんと確認をして、思い入れのたくさん詰まった素敵な写真集を作りましょう。

 

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。