コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > いま絵本が熱い!出版不況のなかでベストセラーになる絵本たち

コラム

いま絵本が熱い!出版不況のなかでベストセラーになる絵本たち

 

昨今、出版不況と叫ばれるようになり、話題となる本とそうでない本の違いが顕著となってきました。
そんななか、現在人気が高く、最も売れているといわれているのが「絵本」です。

本コラムでは、昨年から話題となり、絵本ブームの火付け役ともなった作品を紹介します。

 

②『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』

 

昨年、『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)という絵本が、「たった10分で、寝かしつけ!」という帯の文言とともに、大きな話題になったことを皆さん覚えていますか?

「本当に10分で寝るのか?」とテレビ番組で何度か検証されたこともあり、社会現象ともなりました。
試してみる親御さんが続出し、なんと累計75万部を達成。
2016年書籍の総合売り上げランキングでも2位に輝きました。

 

『えんとつ町のプペル』

 

そして、2017年注目度第一位の絵本といえば、『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)。

漫才コンビ「キングコング」の西野亮廣さんが手がけたということで、いま最も注目を集めている絵本です。

本著は、著者が全ページを自身のブログで公開するという驚きの行動に出たことでも大きな話題を呼びました。

本著はなんと予約だけで1万部超えを達成!
現在は発売から3ヶ月弱にも関わらず、すでに25万部を達成し、今年のミリオンセラー作品になるのではないかと言われている作品です。

いかがでしたでしょうか?
2作品とも素晴らしい作品ですので、ぜひ手にとって読んでみてくださいね♪

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…
フォントを観察してみよう~明朝体編①~
普段本を読んだり、広告を目にしたり、ワードで文章を作成したりする中で書体(=フォント)を気にしたことはありますか? …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント