コラム

「つくおき」に続け!素敵なレシピ本を出版するためにまずできること

 

話題の保存術「つくおき」。

簡単に作れて保存のきくレシピをまとめた本が、昨年のベストセラー11位にランクインするなど、人気を博しています。

食は、多くの人が関心を持ち、日常的に接しているテーマです。
オリジナルのレシピを頭の中にお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、レシピ本出版の第一歩として、レシピをまとめる方法をご紹介します。

「工夫して作り上げたレシピをまとめたい」「新しいレシピに悩んでいる主婦に参考にしてほしい」など、自分のレシピを形にしたいと思っている方必見です。

 

市販のレシピノートにまとめる

 

かわいくて実用的な「レシピノート」なるものが市販されているのをご存じでしょうか。
料理名や手順を書き込むスペースが十分にとられていて、書き込むのが楽しくなるノートです。

手順や分量をメモで残しているけれど、きれいにまとめられずにいる人、インターネット上にアップするのははばかられるという人向けの方法です。

またこの「レシピノート」、実は、100円均一でも売っている優れものです。

 

テンプレートを使う

 

例えば、テンプレートを使ってまとめるのはいかがでしょうか。

書き込みやすく、印刷サイズも調整できるので、ノートに貼って自分らしくアレンジすることも可能です。
また、テンプレートは何種類もあるので、料理によって使い分けるのも楽しいかもしれません。

 

アプリで投稿する

 

レシピを投稿できるのは、クックパッドだけではありません。

「ペコリ」や「No.1献立カレンダー-コンダッテ-」といったお料理アプリをご存じですか?

アイデア満載の献立が投稿されています。
凝ったものでなくても、気軽に投稿できるのが魅力です。

アプリによって機能やユーザーが少しずつ異なるので、自分のレシピの特徴に応じてアプリを選んでみるのが良いでしょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。