コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 「つくおき」に続け!素敵なレシピ本を出版するためにまずできること

コラム

「つくおき」に続け!素敵なレシピ本を出版するためにまずできること

 

話題の保存術「つくおき」。

簡単に作れて保存のきくレシピをまとめた本が、昨年のベストセラー11位にランクインするなど、人気を博しています。

食は、多くの人が関心を持ち、日常的に接しているテーマです。
オリジナルのレシピを頭の中にお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、レシピ本出版の第一歩として、レシピをまとめる方法をご紹介します。

「工夫して作り上げたレシピをまとめたい」「新しいレシピに悩んでいる主婦に参考にしてほしい」など、自分のレシピを形にしたいと思っている方必見です。

 

市販のレシピノートにまとめる

 

かわいくて実用的な「レシピノート」なるものが市販されているのをご存じでしょうか。
料理名や手順を書き込むスペースが十分にとられていて、書き込むのが楽しくなるノートです。

手順や分量をメモで残しているけれど、きれいにまとめられずにいる人、インターネット上にアップするのははばかられるという人向けの方法です。

またこの「レシピノート」、実は、100円均一でも売っている優れものです。

 

テンプレートを使う

 

例えば、テンプレートを使ってまとめるのはいかがでしょうか。

書き込みやすく、印刷サイズも調整できるので、ノートに貼って自分らしくアレンジすることも可能です。
また、テンプレートは何種類もあるので、料理によって使い分けるのも楽しいかもしれません。

 

アプリで投稿する

 

レシピを投稿できるのは、クックパッドだけではありません。

「ペコリ」や「No.1献立カレンダー-コンダッテ-」といったお料理アプリをご存じですか?

アイデア満載の献立が投稿されています。
凝ったものでなくても、気軽に投稿できるのが魅力です。

アプリによって機能やユーザーが少しずつ異なるので、自分のレシピの特徴に応じてアプリを選んでみるのが良いでしょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…
フォントを観察してみよう~明朝体編①~
普段本を読んだり、広告を目にしたり、ワードで文章を作成したりする中で書体(=フォント)を気にしたことはありますか? …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント