コラム

みんな知ってた? 図書カードが生まれ変わりました!

 ギフトの定番、図書カード。

いろんな絵柄があって華やかでかわいらしく、実用的で、誰が誰にプレゼントしても違和感がありません。
図書カードの前に使われていた「図書券」も含め、皆さん、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

実は、その図書カードが2016年6月にリニューアルされました。
皆さんご存じだったでしょうか?

本コラムでは、生まれ変わった図書カードの秘密をご紹介します。

 

その名も“図書カードNEXT”

 

新しい名称は“図書カードNEXT”。
進化したことが感じられる名称になりました。
もちろん、変わったのは名称だけではありません。

図書カードNEXTのポイントは、大きくわけて次の3つです。

 

①コレクションしたいNEWデザイン

 

図書カードNEXTはデザインが一新しました。

新しいデザインは全部で10種類。
ピーターラビットのデザインが4種類、日本画家・東山魁夷のデザインが4種類、富士山のデザインが2種類です。

サイズはこれまでのものと変わりませんが、QRコードを使ったカードになり、磁気カードから紙のカードへと変身しました。
使用方法は従来と同様です。

 

残額や利用履歴がオンラインで確認可能に

 

図書カードといえば、使うと上部にパンチ穴が開き、そこから残高が確認できるというものでしたよね。
細かく金額が記されているわけではなかったので、パンチ穴が0に近づくたびに「足りるかな……」とどきどきしながら利用した方も少なくないはず。

生まれ変わった図書カードではもうその心配はありません。
図書カードNEXTでは、パソコンやスマートフォンから手軽に残額をチェックできるようになりました。
利用日時と金額、さらには書店名までもを確認できるため、読書記録としても楽しく使えそうですね。

 

使用有効期限が10年に

 

従来の図書カードには期限がありませんでしたが、図書カードNEXTには10年間の有効期限が設けられています。
読書家の皆様にはなんの問題もないですね!

 

意外と知らない?オリジナル図書カードとは

 

意外と知られていないのですが、図書カードはオリジナルデザインも作ることができます。
自分だけのオリジナルデザインを作って楽しむのもよし。
大切な人への贈り物としてもよし。

オリジナルデザインをコレクションしても楽しいですね。

 

情報収集におすすめの図書カード公式サイト

 

図書カードの公式サイトを訪れたことはありますか?
読書にまつわるクイズ(賞品は図書カード!)や、現役の書店員がおすすめ本を紹介するコーナー、作家への直撃インタビューなど、読書好きにはたまらないコンテンツがもりだくさんなのです。
特にユニークなのは、「図書カード使い放題?!」コーナー。

作家に3万円分の図書カードを渡し、書店で好きな本を選んでもらうコーナーです。
作家が身近に感じられる、楽しいコーナーです。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。