コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 時代を問わずヒットする!”タイムトリップもの”の魅力とは?

コラム

時代を問わずヒットする!”タイムトリップもの”の魅力とは?

『時をかける少女』などをはじめとして、いつの時代もタイムトリップものは多くの人を惹き付けてきました。
この夏大ヒットしたあの作品も、タイムトリップが重要な役割を果たしていましたよね。

 今回は、時代の流れによらず人々を魅了し続ける「タイムトリップ小説」をご紹介します。

 

『時生』東野圭吾(2002年)

 

 未来の息子が、時を越えて会いに来る。
うだつのあがらない、どうしようもない若者だった主人公・拓実は、ある日花やしきで不思議な青年「トキオ」と出会います。

拓実はトキオに突き動かされるように、行方の分からなくなった恋人を探し、運命を切り開いていくのですが…。

拓実の最後のセリフが泣けます。

 

『時をかける少女』筒井康隆(1967年)

 

 言わずと知れたタイムトリップの名作。
理科室でラベンダーの香りを嗅いだ中学3年生の和子はその日から、不思議な体験をします。どうやら、時を超える能力を身に付けたようで…。

何度も映像化され、その時代ごとにリメイクされているものの、ストーリー自体の新鮮さが失われないのが不思議な物語。SF青春物語の元祖です。

 

『夏への扉』ロバート・A・ハインライン(1956年)

 

”SF=地球の生存を賭けた壮大な戦いの物語”だと思っている人に読んでほしい一冊です。

自分の発明を横取りされ、途方にくれていた主人公は、猫とともに「冷凍睡眠保険」に入ることを選びます。
前に進むために未来に向かう主人公の、切なくてさわやかな物語。
60年前に発表されたとは思えないほど、色あせない魅力的なストーリーです。

 

以上、3作品をご紹介しました。

魅力的で愛され続けるタイムトリップ作品は、本格的なSFでありながら、どこか切なさやさわやかさを兼ね備えています。

それは、絶対に出会えるはずのなかった未来と現代を生きる者同士の、出会いと別れを描いているからかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント