コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方コラム プロットを立ててみよう!

コラム

小説の書き方コラム プロットを立ててみよう!

 

 

仕事をしているとき、ごはんを食べているとき、誰かと話しているときや寝る前……。

ふとした瞬間に物語が頭に浮かぶことってありませんか?

 

人間の想像力とは不思議なもので、日々多くの人が物語を思いついています。

そして、思いついた物語を文章として伝えることができる人が「小説家」と呼ばれているのです。

 

せっかく思いついた物語。文章にして多くの人に伝えてみませんか?

今回は、その構想を小説にするためのコツをご紹介いたします!

 

まずは、文字にしてみる

 

多くの場合、物語は映像として思い浮かぶのではないでしょうか?

物語を思いついたら、まず書いてみましょう。

 

最初から完全なストーリーを書く必要はありません。

思いついたシーン、キャラクターの特徴、セリフ、結末など、どこからでもいいので、思いついたらすぐに文字に起こしてみます。

 

もちろん、最初からきちんとした文章にする必要はなく、最初は単語レベルでもかまいません。

大切なのは「言語化」してみるということです。

文字として書き綴ることにより、より鮮明に物語をイメージすることができるようになります。

 

 

プロットを立てる

 

思いついた物語を単語や文章にすることができたら、つぎはプロットを立てていきましょう。

「プロット」とは、ストーリーの設計図のことをいいます。

著名な作家たちも、ただやみくもに小説を書いているわけではなく、まずこのプロットをしっかりと立ててから書き進めていきます。

プロットの立て方は作家によって異なりますが、決めることは主に5W1Hといわれる、

①Who(誰が?)②When(いつ?)③Where(どこで?)④What(なにを?)

⑤Why(なぜ?)⑥How(どのように?)

の6要素です。

 

プロットをしっかりと立てることができたら、小説としてまとめることはとても楽になります。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

迷ったら編集者に相談を

 

プロット構成に行き詰まったら、ぜひ編集者へ相談しにきてくださいね。

物語の構成をヒアリングし、作品に合ったプロット作りからアドバイスしていきます♪

無料相談会のご予約はこちら

 
一覧に戻る

その他のコラム

あなただけの編集者に出会う「書くナビ」とは
  「作家になりたい」「小説家になりたい」「出版してみたい」 ――本が好きな方であれば、一度はそう夢見…
小説を読みやすくするヒントは会話文ではなく“地の文“
  「小説を書いてみよう」――そう思い立ったとき、みなさんは何から考え始めますか? プロット、主人公の…
大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント