コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > ハードカバーとソフトカバー、利点と製本の選び方

コラム

ハードカバーとソフトカバー、利点と製本の選び方

「ジャケット買い」という言葉があるように、本の装丁は、購入の決め手になる大切なものです。

その装丁の一部に、表紙があります。表紙の素材に、より厚手のボール紙を使用する「ハードカバー」と、柔らかい厚紙を使用する「ソフトカバー」の大きく二種類にわかれます。
それぞれによさがあり、書籍を購入する際、こだわって選ぶ人も多いと思います。

では、いざ自分で本をつくろうと考えたときはどうでしょうか。
自分のつくる本は一体、どちらのカバーが適しているのか迷ってしまう人もいるのではないかと思います。

 

丈夫で保存のきくハードカバー、軽くて持ち運びやすいソフトカバー

 

両者の特徴を改めて整理しますので、本づくりの際の参考にしてみてください。

 

ハードカバーとソフトカバー、選ぶ決め手は?

 

それぞれに長所と短所があり、どちらを選ぶか迷うときには、自分のつくる本のジャンルと目的を見直してみるのがよいでしょう。

 ハードカバーのほうが多いジャンルとしては写真集や絵本、長編小説などが挙げられます。

一方、ソフトカバーのほうが多いジャンルとしては、実用書やビジネス書、短編小説などがあります。

 もう一つ重要なのは、自分の本を出版する目的は何か、考えてみることです。

凝った装丁で重厚な仕上がりにしたい、家の本棚に置いてもらいじっくり読んでほしい、といった場合はハードカバーを、持ち運んで外出先などでも気軽に読んでもらいたい、制作コストを抑えて本を作りたい、といった場合はソフトカバーを選んでみてはいかがでしょうか?

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント