コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説家の印税が分かる!?森博嗣『作家の収支』  

コラム

小説家の印税が分かる!?森博嗣『作家の収支』

 

小説家が自身の印税収入を公で語ることなどめったにあることではありません。

それゆえベストセラーが生まれると、「あの人は本を書いていくらの印税をもらったのか」、噂が噂を呼び、大きな関心ごととして度々話題となります。

しかし、実際のところを知りたくても親しい関係の小説家などいるはずもなく、仮にいたとしても教えて貰えるものでもありません。

謎につつまれていた憧れの職業である小説家の収入について、親しい関係の小説家などいるはずもなく、仮にいたとしても教えて貰えるものでもありません。

その秘密が明かされる驚き書籍が幻冬舎から出版されました。

 

小説家の収支

作家の収支(森博嗣・著)
著者は19年間で15億円!

作家は、どれだけ儲かるか?

誰も書かなかった小説家の収入の秘密と謎を、余すところなく開陳した前代未聞の1冊。

 

・あなたは小説家の文章がいくらで売れる知っているか?
・僕は1時間で6000文字(原稿用紙約20枚分)を出力する。
・傑作も駄作もエッセィも原稿料はあまり変わらない。
・人気作家の人気とは「質」ではなく、あくまで読者の「量」のこと。
・印税はふつう10%だが、交渉次第で数%上がる。
・1冊も売れなくても印税は刷った分だけ支払われる。
・これといったヒットもないのに、いつの間にか「Amazon 殿堂入り作家20人」に!

 

同書では、普通に暮らしていても知ることのできない作家の印税・原稿料・講演料、
作家・出版社の契約関係、メディア化された際の著作権使用料、
さらには版元である出版社と書店の収益構造まで
著者自身の出版作品を具体例に、赤裸々に語られています。

 

印税の仕組

 

〝印税〟自体は良く耳にする事がある言葉ですが、
印税とは一体何なのか、はっきり答えられる方は意外と少数です。

税がつくからには税金でしょ?と答える方もいますが、税金とは全く関係ありません

現在のようなバーコード、ISBNによる管理がない時代は、
完成した著書に著者が自分の姓を彫った認印を捺した「検印紙」を書籍に
張りつけるという方法で部数を確認していました。
そして、その検印用紙の枚数に応じてロイヤルティーが支払われていたのですが、
この支払方法が印紙税の納付に似ている事から印税と呼ばれるようになりました。
この検印は1970年代後半から無くなっていますが、
〝印税〟という名前だけは今の残っています。

印税は一般的に、 定価 × 実売部数 × 印税率 という計算で算出されます。

印税率や支払いのタイミングは出版社によって異なります。

 

本を売るために

 

本が売れない、出版不況だと言われていますが、発売後売上が伸びる書籍には
共通する特徴がありあす。

関連書籍の売れ筋傾向を把握することと、SNSや広告を活用し、
書店以外でもプロモーションを継続的に展開していくことが必要となります。
同書で特にマスメディア連動と書籍の売れ行きの関係が紹介されています。

小説家の収支に関わる具体的なエピソードは作家志望ではない方も
楽しめる内容となっていますが、
小説家を目指すみなさんには、仕組を知るという意味でもお勧めの一冊です。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

大学教授が出版する書籍の魅力とは
教育や研究の最高位といえる職階にあたる、大学教授。 世の中にはありとあらゆる学問書が存在する中で、ずっと研究して…
自費出版からのベストセラー ~あの有名作家も自費出版からだった~
あの有名作家は最初から出版社に原稿を見初められてデビューしたのではないか、とイメージされている方も多いと思います。 …
意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
出版社から書店へ ~書店で本が並ぶまで~
皆さまは書店に行かれた際にどのようにして、書店に本が並んでいるのか疑問に思われたことはないでしょうか?出版社から書店…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント