コラム

世界一美しい本『ケルズの書』 書籍を未来へと受け継ぐための装丁**

 

装丁は、書籍の魅力を大きく左右する非常に重要な要素です。

装丁とは、書籍の外側のデザインのこと。

サイズや紙の質感、使用するフォントや色使い、全体のレイアウトなど様々な点を考慮して「美しい」書籍をつくりあげる工程です。

本コラムでは、その装丁において最高峰の完成度を誇ることから「世界一美しい本」として有名な『ケルズの書』をご紹介しましょう。

 

アイルランドの国宝『ケルズの書』

 

ケルズの書』(羅:Codex Cenannensis 英:The Book of Kells)は、8世紀に制作された手写本の福音書です。

 

ケルズの書
『ケルズの書』書影

 

イギリスあるいはアイルランドのコルンバ修道院で制作され、ケルズ修道院で完成されたためこの名がつきました。

同書は『ダロウの書』(英:Book of Durrow)、『リンディスファーンの福音書』(英:The Lindisfarne Gospels)という福音書とともに「三大ケルト装飾写本」のひとつとされ、アイルランドの国宝となっています。

 

『ケルズの書』は、アイルランドのダブリン大学に附属するトリニティ・カレッジ図書館に所蔵されており、国内外問わず多くの旅行者がこの本を一目見ようと訪れます。

 

トリニティ・カレッジ
多くの蔵書や芸術作品を擁するトリニティ・カレッジ図書館

 

なぜ『ケルズの書』は世界一美しいのか

 

人々を惹きつけるのは、その繊細で色鮮やかな図像や装飾文字です。

十字架、菱形、三点文様などの抽象的な図形や、4人の福音書記者を表した人物画、キリスト教に深く関わる動物などの装飾絵が盛り込まれています。

キリスト教において最も重要な象徴である十字架をはじめ、三点文様は三位一体を、菱形はキリストや宇宙、神の言葉を表しています(余談ですが、本書が所蔵されているトリニティ・カレッジ図書館の「トリニティ」も三位一体という意味です)。

文字も同じく様々な図柄で修飾されており、本の内容を強く印象づける働きをもっています。

 

なお『ケルズの書』には羊皮紙が使われており、着色は地元アイルランドで採取されるインディゴや大青、石膏、緑青、石黄などの顔料を使用して描かれています。

目に見える美しさだけでなく、材質にも強いこだわりが感じられます。

 

ケルズの書内容
精緻な装飾から「ケルト美術の最高峰」と呼ばれる。

 

時空を超えて届く、作成者の想い

 

『ケルズの書』については、残念ながら一部が失われてしまっているため、その元々の内容を完璧に窺い知ることはできません。

しかしその美しい装丁から、作成者の情熱は充分に伝わってくるはずです。

 

本書が現代にまで受け継がれているのは、他ならないその美しさのゆえである、とも言えるでしょう。

美しさはそれ自体が力となって人々に畏敬の念を抱かせ、それを守り継ごうという意志を動かすのです。

 

なお『ケルズの書』の内容には、 バーナード・ミーハン 著、鶴岡 真弓 訳『ケルズの書』(2015年、岩波書店)を通じて触れることもできます。

ぜひ手にとって、受け継がれてきた美を愉しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。