コラム

絵本出版講座/絵コンテを作ってみよう!

絵本の登場人物お話が決まったら絵コンテ(ラフスケッチ)の作成に取り掛かりましょう。

まずは大まかなストーリーと絵を1ページずつ割り振って、絵はいくつ必要なのか、どんな場面でどういう絵を入れるのか、全体の流れを確認します(割り振るポイントは前回のコラムを参考にしてください)。

いったん流れを作ったら、お話がスムーズにテンポよく進んでいるか、それに合わせた絵の構図が単調になっていないか、などをチェックしていきます。

 

子どもが読みやすい絵本の展開・進行を覚えよう

 

上記の作業である程度内容が固まったら、次に絵コンテを書き出します。
作成のポイントは、場面展開と進行に気をつけること。
最低限以下の項目は守るようにしてください。

・子どもが理解しやすいよう、ひとつの見開きに1つの場面が展開するようにまとめましょう。複数の場面が展開されていると、理解が追いつかず混乱してしまいます。

・横書き絵本は左から右へ、縦書き絵本は右から左へ進行させましょう。

・主人公が出会う人や物は、右側から現れるように描きます。例えば横書きのお話は左から右へ展開させるため、時間軸は左が現在、右が未来となります。ですから、主人公は常に現在の時間軸に立たせるようにしましょう。

同じように、主人公が左端にいるときは行動前、右端にいるときは行動した後になるように書きます。

・但し、主人公が出かけた先から帰る場合は右から左に、主人公にとって怖いことや、問題などマイナスの要素も、右から左に動かしながら描きましょう。

 

以上が絵コンテ作成のポイントですが、これらはほんの一部の手法でしかありません。
また、絵を描くことに慣れていないと、お話に合わせてどんな絵をどのような構図で描けば良いのか、上記のように場面展開させるにはどうしたら良いのかは、なかなか分からないものです。

お話とは別に絵のみをイラストレーターに外注しても構いませんが、やはり絵コンテが描けると、細かいニュアンスが伝わりスムーズに作業できます。
まずはいろいろな絵本を手に取り、絵の構図や流れを調べて書き方のコツをつかむよう努めましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。