コラム

表現せずには、いきられない 『朝のポエム』誕生秘話 第五回(作家:三橋由紀子)

せっかく幻冬舎ルネッサンスを見つけたのにそのときの私は、自信がなくて行動出来ませんでした。確か2014年の5月です。Facebookの朝の挨拶も2013年10月から始めていて、すでに半年以上がたっていました。出版するにも十分な作品数です。

 

2014年6月たまたまGoogle検索していたら、また幻冬舎ルネッサンスがでてきました。

「なぬ!セミナーの日程が参加できる日ではないか!これは行かないと。」

出版を決意して参加しました。千駄ケ谷で降りて、雨の中幻冬舎さん目指して歩いていきました。どんなところかしら。わくわくしました。

「なんと!道路を挟んで社屋が2つ!立派な出版社だなあ。」

そして、セミナーに参加する時、とても丁寧に対応してくださいました。もう、作家さんとして迎えてくださっているんだと嬉しかったです。社長さんのお話も感動しました。

「本を出版したいという事は、社会に向かって言いたい何かがあるからだ!」

その通りなんです。過去に苦しい事があった。辛いことがあった。だからこそ伝えたい。その後、担当の編集者さんとお話しました。毎朝Facebookに投稿していて原稿用紙に起こしていないこと。毎日忙しいこと。「キューティハニー」という作品のお話をしたら、爆笑してくださったこと。

 

「三橋さん、よろしかったらメールで作品を送ってくれますか。ファイルをつくります。」

嬉しくて家に帰ってから毎日、編集者のMさんにメールを送りました。Mさんとのやりとりが面白くて「わたしはこっちがいいです」とか色が変わる朝顔の話や大量に作品を送った時には「怒涛の送付ありがとうございます。」(笑)

本当に楽しい一ヶ月でした。

 

そしてついに「三橋さん、見積もりしましょうか。」
ついに出版決定!この時出版を決意してから三年がたっていました。

 

第六回は更新までしばらくお待ちください。

第四回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。