コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 表現せずには、いきられない『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)  

コラム

表現せずには、いきられない
『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)

 

周りの人をだれも信じないのに

友達がほしい。

友達がほしいのに、友達がいない。

いつも、寂しくて生きている実感がありませんでした。

何のために生まれてきたのか。

苦しみながら何故人は生きなければならないのか。

私は、不思議でなりませんでした。

 

ある時、駅でチラシを貰いました。

それは、宗教のチラシでした。

「人は幸せになるために生まれてきた」

 

本当に?本当にそうなの?

 

こんなに毎日生きるのが大変で

どこが幸せなのでしょう。

その思いをかかえたまま大人になりました。

 

そして、今から20年前

ジョセフ・マーフィーの著書に出会います。

でも、その頃は読んでももさっぱりわかりませんでした。

でも、良いことが書いてあると思いました。

 

その後6年前にジョセフ・マーフィーにもう一度出会います。

この時私は、ものすごい人生の転機をむかえました。

 

ジョセフ・マーフィーを知り潜在意識のことを知ったことが

『朝のポエム』を書くきっかけになりました。

 

第三回はこちら

第一回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント