コラム

表現せずには、いきられない 『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)

周りの人をだれも信じないのに

友達がほしい。

友達がほしいのに、友達がいない。

いつも、寂しくて生きている実感がありませんでした。

何のために生まれてきたのか。

苦しみながら何故人は生きなければならないのか。

私は、不思議でなりませんでした。

 

ある時、駅でチラシを貰いました。

それは、宗教のチラシでした。

「人は幸せになるために生まれてきた」

 

本当に?本当にそうなの?

 

こんなに毎日生きるのが大変で

どこが幸せなのでしょう。

その思いをかかえたまま大人になりました。

 

そして、今から20年前

ジョセフ・マーフィーの著書に出会います。

でも、その頃は読んでももさっぱりわかりませんでした。

でも、良いことが書いてあると思いました。

 

その後6年前にジョセフ・マーフィーにもう一度出会います。

この時私は、ものすごい人生の転機をむかえました。

 

ジョセフ・マーフィーを知り潜在意識のことを知ったことが

『朝のポエム』を書くきっかけになりました。

 

第三回はこちら

第一回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。