コラム

「書けないストレス」から抜け出すには?

 

皆さんは、文章が書けなくて困った経験はありませんか?

「書きたいことはあっても、いざ書こうとすると文章にできない」
「書き始めてみたものの、すぐに手が止まってしまう」
「昔から文章を書くことに苦手意識を持っている」

文章を書こうとしたときに「書けないストレス」を経験したことがある方は多いのではないかと思います。今回は、その書けない原因と解決策についてご紹介したいと思います。

 

なぜ書けない…?

 

「考えを言葉にできない」「語彙力がない」「時間がかかる」「苦手意識がある」など、書けない原因はさまざまですが、まとめると、以下の2点に集約されるのではないかと思います。

・書くための準備が足りていない
・伝わる書き方を意識していない

次にそれぞれの原因に対する解決策について触れていきます。

 

まずは書くための準備をしましょう!

 

最初に行いたいのが、書く前の準備です。何の準備もしないまま漠然と書き始めてしまうと、書く内容や書き方に迷ってしまい、何を書いていいのかわからなくなってしまいます。これを避けるために、「文章を読む」「調査する」という2つのインプットで、書くための感覚と知識を身につけましょう。

よい文章を読むことで正しい文章のリズムを感覚として身につけることができます。おすすめは、「自分もこんな文章が書きたい」と思うような文章がいいでしょう。また、時には文章を書き写すことで、手から覚えるのも効果的です。

もう一つ、自分の書きたい内容やテーマについてじっくり調査しましょう。これにより書くのに必要な知識を身につけるだけでなく、「何が書きたいのか」という、自分の頭の中を整理することにもつながります。

 

相手に伝わる書き方を考える

 

次に、相手に伝えることを意識しましょう。これは2つのアウトプットによって解決することができます。それは相手に伝えることを意識して、「話す」ことと、「書く」ことです。

人に「話す」ことによって、自分の伝えたいことが何だったのかが明確になます。同時に、相手に自分の考えを伝えなくてはいけないので、どう話したら伝わるのかという相手に伝えるための構成が自然に考えられます。

そして、とにかく「書く」ことです。人に話すときと同じように、どうしたら相手に伝わるかを意識してどんどん書いてみましょう。数をこなすことで「書ける!」という自信がつきます。この時、納得のいく文章が書けなくても気にすることはありません。まずは相手に伝わる構成を意識することが重要だからです。書いていて行き詰まった時には、準備の時に読んだ文章や調査した内容を思い出してみましょう。いい文章はお手本となり、調べた知識は土台となって助けてくれるでしょう。

このように、「読む」「調査する」というインプットと、「話す」「書く」というアウトプットを繰り返し行うことで書く力が身につき、結果として「書けないストレス」から脱出することできます。ぜひ一度試してみてください。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人5,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。